芸能

菅野美穂は「CM消滅リスク」を背負ってなぜ脱いだのか/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

「芸能界の自分と日常の自分との間にギャップがあり、自分を見失いかけていて。でも、考えても考えても、答えが出なくて。で、1年以上前から、10代の頃の価値観や経験を忘れないように、自分のいいところも悪いところも、写真という記録に残しておきたいと思ったんです」

 97年8月22日、20歳の誕生日を迎えた菅野美穂が、都内で開かれた誕生パーティーの席上、この日に発売したヘア写真集「NUDITY」(撮影:宮澤正明)出版の理由を、潤んだ目で声を震わせながら、そう語った。

 その前日、写真集発売が電撃的に発表されると、全国の書店には予約が殺到。初版の10万部は、あっという間に売り切れ、その勢いは150万部を売った宮沢りえに迫る、として幸先いいスタートを切った。

 だが、発売3日後の8月25日、「スポーツ報知」と「週刊現代」に写真の一部が無断掲載されたことを受け、抗議のため菅野が再び会見を開く。

 冒頭で「泣くのはズルいことだから」と涙をこらえながら「写真掲載はルール違反」として、怒りを露わにした菅野。報道陣から「脱いだことについて、友達の感想は?」の質問が飛んだ瞬間、様々な感情がこみ上げてきたのだろうか。両手を覆いながら、10分にわたって号泣。ただ、涙の理由については触れなかったため、様々な憶測が流れた。

 というのも当時、彼女は資生堂をはじめ、朝日生命、ブリヂストンサイクルなど、大手企業のCMに出演する売れっ子女優。広告代理店関係者も、

「彼女クラスなら、CM契約料は1本3000~4000万円。商品イメージを考えたら当然、契約打ち切りもあり得ますからね。そんなリスクを冒してまで、なぜ今、脱ぐ必要があるのか、理解に苦しみます」

 だがスキャンダル効果もあり、写真集は80万部のベストセラーに。

 そんな菅野が、ヘアを晒した理由を改めて告白したのは、騒動から19年の時を経た16年10月。しかも、NHK朝の情報番組「あさイチ」だった。

「お芝居も仕事も好きなことばかりで、それが学校もなくなり、仕事も好きなことばかりではなくなって『あれ!?』って。精神的にタフにならなければいけないと思って、(写真集出版は)ショック療法みたいになってしまった。人にはお勧めできないけれど、それを経験したおかげで、精神的に強くなりました。タフになりすぎちゃった」。

 笑顔でそう語ったのである。

 なるほど、あの騒動の裏には彼女なりの「大きな試練」があったのだ。ただ、テレビを見ながら、あの会見場で隣にいた記者がつぶやいたひと言がふと頭をよぎった。

「脱ぐなら泣くな、泣くなら脱ぐなよ」

 この名言に思わず膝を打ったものである。

(山川敦司)

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
2
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
3
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
4
「授かり婚」土屋太鳳にドラマ現場から「しばらく戻ってこなくていい」の声が出る理由
5
関西ラウンジママが悲痛激白…最強寒波で最も困る職業は「夜のホステスなんです」