スポーツ

掛布雅之 4番・ゴメスで最後まで阪神は戦えるか?(2)

 今の打撃スタイルで最終成績を予測すると、打率2割6~7分、ホームランが20~25本ぐらいでしょう。4番打者がこの数字で優勝争いできるかどうか。首脳陣からすると、不安な数字です。あとは、ここ一番の勝負を決める一打が増やせるかどうかです。

 単純に数字だけで比較すると、昨季、楽天を日本一に導いたジョーンズの成績は打率2割4分3厘、26本塁打と、ゴメスでも十分にクリアできる数字でした。しかし、ジョーンズの場合は四球がリーグ最多の105。ボールを見ていく仕掛けが遅いタイプで、打率、本塁打の数字はもの足りなくても、四球の数、存在感で打線の中心として成り立っていたのです。ゴメスの場合は、積極的に振っていくタイプの打者で、ジョーンズほどの四球は奪えないでしょう。また、彼に「仕掛けを遅くしろ」と言うと長所を殺してしまいます。

 阪神が苦しいのは「4番・ゴメス」では厳しいとなっても、代わる選手がいないことです。ここまでのトータルは不動の4番としての合格点の数字を残していますが、この先、不振が続けば首脳陣は頭を痛めることになります。もう一人の助っ人、マートンは性格的に4番は務まりません。ボール、ストライクの判定1つでリズムを崩してしまうからです。6月1日の日本ハム戦でも審判の判定への不満でイライラし、プレーに影響させたことで懲罰交代を命じられました。打撃の力量はあっても、気持ちの浮き沈みが大きすぎます。鳥谷も4番タイプでなく、新井貴もベンチから4番は厳しいとの烙印を押された選手。結局、ゴメスと心中するしか道はないのです。

 その点、優勝争いのライバルとなる広島は、4番のエルドレッドの調子が落ちてもキラという代役がいます。右打ちと左打ちというだけでなく、振っていくタイプと見ていくタイプのまったく違う2枚を持っているのです。今年のエルドレッドは来日3年目で日本の投手の攻め方にも慣れ、ボールの見極めがよくなったことで、ここまでは3冠を狙えるほどの数字を残しています。しかし、もともと調子の波が荒く、4番打者としては安定感に欠けます。それでも、いつでもキラと打順を入れ替えられるのが強みです。ロサリオも外国人枠の関係から一軍で固定できないものの、力のある選手です。阪神ほどの切迫感はありません。

 セ・リーグ3強のもう一角、巨人の新4番のセペダはどうか。今の段階での判断は時期尚早です。評価できるのは後半戦に入ってからでしょう。ですが、ヘッドスピードが速くバットが体に巻きつくように出てくるスイングはさすがです。国際経験も豊富で、初対戦の日本の投手への対応も慣れているでしょう。何よりスイッチヒッターという強みがあります。まだ加入して日が浅いため、伸びしろは十分にあるはずです。

 あらためて見渡すと、中日はルナ、ヤクルトはバレンティン、DeNAはブランコと、セ・リーグの4番打者が全て外国人選手という点に、球界OBとしては寂しさを感じます。4番を打てなくなった時が辞める時と考える選手もいなくなりました。プロ野球の地盤沈下を防ぐためにも、真の4番打者を育成しなければいけません。助っ人たちの奮闘を見守りつつ、私も汗を流したいと思います。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
3
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
4
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性