エンタメ

羽生善治が藤井聡太に挑戦「AI破壊」奇襲(3)AIが介在しない土俵へと

 さて、1月に開幕予定の王将戦でマッチアップするのは、あまたの最年少記録ホルダー・藤井聡太五冠(20)だ。新旧天才同士の対局について、先崎九段は形勢をこう分析する。

「羽生さんが7番勝負で勝ち越すのは相当大変です。2人の年齢差は32歳。若い棋士がベテランを退けてきた、将棋界の摂理から言えば藤井さんが断然有利です。AIによる研究勝負でも一歩先を進んでいる。そのため、羽生さんはなんとか終盤勝負に持ち込む必要があります。それでも、無類の終盤力を誇る藤井さんに勝てるかどうか‥‥」

 これまでの通算対戦成績は1勝6敗。直近の対局となった9月23日の「JTプロ公式戦」では、後手の羽生が横歩取りに誘導しながら敗戦した。大盤解説を務めた屋敷氏が振り返る。

「互いの持ち時間は10分と、1分単位で5回ずつ取れる考慮時間のみという“超早指し”ルール。それだけに、中盤は1手ミスが出るだけで形勢が大きく傾きかねないスリリングな将棋でした。羽生さんが青野流への対抗手を指しながらも、藤井さんにうまく対応されてしまいました」

 短期決戦では藤井に軍配が上がったが、互いに持ち時間8時間の2日制で戦うタイトル戦であれば、羽生にも勝機は十分にあるのではないだろうか。

「唯一の白星を挙げたのが20年の王将リーグ戦。そこで羽生さんが誘導した戦型こそが横歩取りでした。この時も藤井さんが青野流で迎え撃ちましたが、その読みをさらに凌駕する指し手で翻弄しました。藤井さんのAIを駆使した研究は“傾向”レベルではなく、はっきりと特定の手順を想定している。一方、少しでも定跡からズレてしまうとAIの範疇から離れてしまう。つまり、AIが介在しない土俵に引き込めば勝てるチャンスがあります」(将棋ライター)

 最後に、屋敷九段がエールを送る。

「羽生さんの強さに陰りはありません。先の王将リーグ最終戦でも、豊島将之九段(32)相手に大差を付けて勝利しました。急いで勝ちにいかずに、ジリジリと外堀を埋めていく指し回しは流石の一言に尽きます。ぜひ、藤井さん相手にも持てる力を発揮して、タイトル戦を盛り上げていただきたい」

 くしくも、12月8日の「第48期棋王戦コナミグループ杯挑戦者決定トーナメント敗者復活戦」で、同カードの対局が予定されている。前哨戦で弾みをつけて、しばらく足踏みが続いた、タイトル通算100期目を掴み取ってほしい。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
2
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
3
ウクライナ軍の「大規模奪還作戦」3月開始が判明!でもロシアに「勝ちすぎて」プーチンがヤバイ行動に…
4
「孤独のグルメ」見た勘違いドライバーが続出!猛烈寒波の北海道での「観光地獄」
5
井上尚弥はSバンタム級で勝てるのか…渡嘉敷勝男と米トレーナーの予想がまっぷたつに