スポーツ

本田圭佑よ、ポルトガルの「頭突き退場男」ぺぺのメンタルを見習え!

「『相手をリスペクトしすぎた』というセリフを本田圭佑の口からは聞きたくなかったですね」

 とは、サッカー書籍の編集者。むろん、ザックJAPANのコートジボワール戦における敗戦談だ。リスペクトした相手は、アフリカの英雄・ドログバ。ドログバがフィールドに入った直後のあまりにみごとな逆転されっぷりは、テレビ観戦していた小学生たちまで「あんな負け方はないでしょ」とあきれ返ったレベルだった。しかし、日本中があれだけ期待した一戦で、スーパースターの前で萎縮したのが敗因だと言うのなら、これはあまりにガッカリといえよう。

「日本代表のメンタルの支え、本田圭佑のこの発言はウソでも封印してほしかった」(前出・編集者)

 世界のサッカーというのは、一流選手であればあるほど、自己チューかつ「自分大好き」な人間が多い世界。ポルトガル代表のC.ロナウドはゴールを決めた直後、「オレは最高だーッ!」と叫ぶことでも有名だし、スウェーデン代表のイブラヒモビッチは「オレが出ないワールドカップなんて見る価値がない」と言い放った。それぐらい、常にメンタルをフルスロットルしている選手が世界にはわんさといるのだ。今回、本田圭佑は「優勝」という文字を口にしたはず。そんな男がオッサンのドログバに飲まれるようでどうする? と失笑されても文句は言えないだろう。“おのぼりさん気分”で、メッシ(アルゼンチン)やネイマール(ブラジル)に勝てるつもりだったのだろうか。

 ドイツ×ポルトガル戦で頭突き一発退場となった、ポルトガルのぺぺという選手がいる。この試合は彼の愚行もあり、負担のかかった他のDFまで壊れるわ、スコアも散々な結果になるわ、ぺぺは正真正銘の戦犯となった。しかし、彼の奔放ぶりはある意味、普段着のままだった。これまでも倒れた選手の背中を蹴り、大げさな演技で相手を退場に追い込み、あのメッシの足まで踏みつけた。つまりぺぺは今回、その神をも恐れぬ“自分”をワールドカップでも貫き通したわけだ。

「ぺぺを真似しろとは口が裂けても言えません(笑)。しかし、彼の持つ“ありのまま”のメンタルこそ、今の日本代表には絶対に必要ではないでしょうか。よそ行き気分は捨てて、本田や柿谷、大久保らが普段の“生意気”なメンタルを代表全体で取り戻せば、きっと奇跡の逆転進出も現実になりますよ」(前出・編集者)

 頑張れ、ザックJAPAN! もちろん、頭突きはいらないが(笑)。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
2
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
3
厚切りジェイソンも絶賛! 小峠英二、下積み時代に支援してくれた「先輩芸人」
4
「Gバスト」寺本莉緒のカレンダーに「ハライチ岩井がうらやましい」嫉妬の嵐!
5
剛力彩芽、旅の宿で「あわや放送事故」な“ショーパン奥見え”で好感度急騰!