スポーツ

2023年「まるごとズバリ大予測」〈ギャンブル〉福永祐一引退余波で今村聖奈がダービー制覇へ

 JRAの福永祐一(46)が合格率5%とも言われる難関の新規調教師試験に合格し、23年2月末をもって騎手人生の幕を閉じる。スポーツ紙記者が話す。

「最高峰の日本ダービーを3度制覇するなど重賞160勝(GI34勝)を記録し、13年連続年間100勝の最長記録保持者の引退だけに、現役の乗り馬や勝ち星の行方が注目されます」

 当然、福永と同じ騎手エージェント(騎乗依頼仲介者)の岩田康誠(48)・望来(22)の親子と22年度ルーキーの今村聖奈(19)が多大な恩恵を受けることになりそうだ。

「初の年間100勝を突破した岩田望来は、初のリーディングジョッキーも夢ではない。福永とのコンビで有馬記念2着だったボルドグフーシュの手綱が、福永引退で回ってくる可能性がある。レース後の福永が『来年は主役を張れる馬』と評価しただけに、春の天皇賞の親子制覇(父は08年アドマイヤジュピタ、18年レインボーラインで達成)も

 22年12月17日に史上5人目のデビュー年通算50勝の快挙を達成した今村もまた、GI初勝利が現実味を帯びてきた。

「今村自身、『今後は中央(開催)で』と表明するなど気合満々。福永から鞭の持ち替えなど、実践的な騎乗技術指導も受けていますからね。ただ実力至上主義の世界だけに、春の重賞戦線で好結果を残せなければ、再びローカル開催が主戦場となる」(前出・スポーツ紙記者)

 まさに年明けから3カ月が試金石となりそうである。

「12月28日のホープフルSでは、スカパラダイスでGI初騎乗でした。ここには福永騎乗のファントムシーフも出走。結果こそ18着と4着でしたが、どちらの馬主サイドも継続騎乗が目立つのでダービー初参戦もありえる。18年、20年、21年と福永がダービーを制しただけに、愛弟子の今村のダービー制覇も十分にチャンスがあるでしょう」(前出・スポーツ紙記者)

 ちなみに、暮れの有馬記念の売り上げが約521億円で前年比106.2%だったが、ボートレース界の人気はさらに半端ない。スポーツ紙デスクが話す。

「10年に売り上げが8400億円まで落ち込むも、21年には2兆3300億円と過去最高を記録するまでに成長し続けている」

 手軽なネット投票によって、ボートファンが急増し、ギャンブル・ユーチューバーも続々と参入している。芸能界やスポーツ界の著名人ゲストも巻き込んで、競馬人気に迫る勢いだ。

「中でもプロ野球解説者の真中満氏(52)が『本業顔負けに詳しい』と人気を博している。ボート界の有馬記念の『グランプリ』も、番組内で3連単6530円を4点で的中させて約17万円をお持ち帰り。ポケットマネーではいくら儲けたかが噂に上るほど。空前絶後のブームにも乗り、冠番組を持つ話も聞こえてくる」(前出・スポーツ紙記者)

 一方、ボートレースにパイを食われて低迷する、パチンコ・パチスロ業界も黙っていない。玉やメダルに触れずに遊技できるスマートパチンコ&スマートスロットで逆襲に転じ、黄金期の再来が起こりそうなのだ。ギャンブル・ライターの浜田正則氏が話す。

「現在、一足先に導入された次世代型パチスロ『スマスロ』の客つきが絶好調です。店側も十分に還元していて、大勝ちした話も多く耳にします。これからしばらくは“出し”が続くと見ていいでしょうね

 一方の「スマパチ」は、1月のリリース予定が3月頃まで延びたが、

スマスロが店全体の呼び水として十二分に役割を果たし、お店も手応えをつかんだので、スマパチの登場となれば大還元もあるでしょう。平成初期、店をドル箱の海にした初代『CR花満開』の時のようなお祭り状態を期待したいです」(前出・浜田氏)

 不景気に強いギャンブル界が熱い!

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
2
「ドジャースVSパドレス」韓国開幕戦で「山本由伸先発」が決まったのは巨額放映権料の特権
3
古代シュメール人に文明を与えた「幻獣オアンネス」は宇宙服を着た地球外生命体だったという考察
4
タモリ・たけしが徐々にテレビから消えていき…「ビッグ3」で残るのは「さんま」だけ
5
3メートル近い大刀を振り回した体重250キロの巨漢武将「織田・徳川連合軍との激戦」