芸能

追悼…高橋幸宏が世に出したのは「テクニック不要の素人集団」だった/日本音楽シーン「名作裏面史」

 80年代にテクノブームを巻き起こした「イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)」のメンバーだったドラマー・高橋幸宏さんが1月14日、脳腫瘍により併発した誤嚥性肺炎で死去したことがわかった。70歳だった。

 YMOは78年、高橋さんと坂本龍一、細野晴臣により結成されたトリオ。翌年から2年連続で世界ツアーを敢行し、83年に「散開」する5年間で、全世界でのレコード売り上げは500万枚以上を記録した。

 そんな高橋さんが82年に、細野とともに「YENレーベル」立ち上げる。その第1弾アーティストとなった立花ハジメが在籍し、YMOとともにテクノブームを牽引したのが「プラスチックス」である。メンバーはグラフィックデザイナーの立花のほか、イラストレーターの中西俊夫、ファッションスタイリストの佐藤チカといったカタカナ職業の面々に、元四人囃子の佐久間正英、作詞家でリズムボックス担当の島武実の5人。

 当初は原宿界隈を根城にする、単なる素人パーティーバンドだったが、佐久間がプロデュースに加わったことで、コンセプトを中西、立花、佐藤という3人中心の「ほぼ素人集団」にスイッチ。結果、テクニックのあるメンバーは必要ないとの理由で、ドラムス担当の大口広司(元テンプターズ)がクビになり、当時大流行したスペースインベーダーの「ボタンを押すのは上手いはず」として、島がリズムボックスに起用されることになったのである。

 だが、当時の音楽シーンを読んだ佐久間の目に、狂いはなかった。演奏者としてはYMOと真逆な「素人」の立場で開き直ったプラスティックスは、YMO以上に「テクノポップ」的な音楽を作り出すことに成功。

 デビュー直後の79年には、イギリスのインディーズレーベル「ラフ・トレード・レコード」からシングル「Copy / Robot」を発売。そして80年1月、日本でのデビュー盤となったのが、日米英独同時リリースの「WELCOME BACK PLASTICS」(ビクターエンタテインメント)だったのである。

 むろんこのアルバムでも、ピコピコと鳴り響くチープなシンセサイザーに、人を小バカにしたような、ぶっきらぼうなチカのヴォーカルは健在。しかしそれが、YMOが切り開いたテクノブームに乗り、日本の音楽シーンを席巻することになるのだ。

 プラスティックスは81年に解散。立花は翌年、YENレーベルから1stアルバム「H」を発売するが、今回の訃報に際し、「PLASTICSになってからは…幸宏ツアーに参加させて貰ったり一緒にロンドンに行ったり…楽しい思い出はキリがない…」とツイートしている。

 YMOとともに日本にテクノブームを定着させたバンド。それが、プラスティックスだったのである。

(山川敦司)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
3
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴