スポーツ

長嶋茂雄「年越し入院」で託した「栗山JAPAN必勝戦術」(3)世界一となった王氏への対抗心

 栗山監督に“長嶋イズム”を託したミスターだが、昨年9月に脳内出血で都内の病院に緊急搬送された。巨人関係者が語る。

「自宅で尻もちをついた時に、後頭部を打ってしまいました。幸い意識ははっきりしていますが、高齢な上にベッドで過ごす時間が長かった影響で入院生活が長引いてしまった。人生で初めてクリスマスと正月を病院で過ごしたことをかなり悔しがっていて、1日でも早く自宅に戻りたい思いが強く感じられます」

 04年の脳梗塞、18年の胆石に続く3度目の入院となる。約19年間のリハビリ生活を支えたパートナーたちも、毎日入院先に通っているようだ。

「専属運転手と専属の理学療法士のサポートを借りながらメニューに励んでいます。普通なら、思い通りに動かない体にイライラして『やってられるか!』と周囲に当たりたくもなるのですが、ミスターの場合は『回復するんだ、回復するんだ』と唱えながら常に前向きな取り組みで、他のリハビリ患者にも好影響を与えています。誕生月の2月をメドに退院する予定です」(巨人関係者)

 20日には山口寿一オーナー(65)が「遠からず退院できる」と明言したばかりでもある。そしてその先には、1度は志半ばで果たせなかった夢がある。

「ミスターは国際大会の監督に返り咲いて『世界一』を獲ることを本気で目指しています。その胸中には、06年にWBCで優勝チームを率いた王貞治氏(82)への対抗心があります。常にチャンスをうかがっていて、08年の北京五輪で星野仙一氏が監督に選ばれた時にもかなりショックを受けたといいます。本人は車イス姿になろうが、采配を振る気でいるはずですよ」(スポーツ紙デスク)

 だからこそ、栗山監督にも魂のこもった「必勝戦術」を授けたのだろう。

 最後にミスターのリハビリ生活を5700日以上見守ってきた、スポーツジャーナリストの吉見健明氏がエールを送る。

「何度も奇跡の復活を遂げました。今回も退院後に元気な姿を野球ファンに見せてくれるでしょう。さすがに長距離移動となる宮崎合宿は難しいかもしれませんが、1次ラウンドあるいは準々決勝ラウンドが行われる東京ドームで代表選手たちを激励してほしい」

 ミスターの“復活パワー”で世界一を取り戻せるか!

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
習近平が金正恩に重大警告!北朝鮮「地下核実験」がもらたす「不気味な奇病」と「白頭山大噴火」
2
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
3
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
4
「体の関係だけの女がいても…」サッカー田中碧と交際する鈴木愛理の大胆思考は「アリかナシか」
5
サッカー超辛口批評の闘莉王がシリア戦代表メンバーを「手のひら返しのベタ褒め」大異変