芸能

飯島直子が「54歳の美活開始」で挑む「男運ナシ」からの脱出

 飯島直子が突如として、インスタグラムを開設した。「今さらですが始めました」とのアカウントは1月24日の時点ですでに7度更新され、フォロワー数は約6万を窺う勢いだ。ネットウォッチャーが解説する。

「投稿内容は近所の神社にお参りに行った様子や自身のファッション、ランチなど、完全にプライベートな内容です。1年ぶりにトリートメントをしたという報告ではファンの質問に答え、自身の髪について『多髪、癖毛、硬いのが悩み』などと打ち明け、白髪が多いことまで告白。素の自身を晒してくれることから、今後もフォロワーを増やしそうな気配です」

 飯島は23日に「2年前に掲げた目標、『美活』」などと綴っているのだが、2年前といえば、ちょうど彼女が「バツ2」になった時期だ。芸能ライターが語る。

「97年に結婚したTUBEの前田亘輝と01年に離婚したのち、12年に会社経営者と『クリスマス婚』で再婚した。ところが19年に、この男性に不貞報道が飛び出しました。結局は21年10月に離婚が成立していたことが明らかに。ちなみに彼女は再婚前、13歳年下の新宿歌舞伎町のカリスマホストとの親密交際が発覚。結婚のために超高級マンションを購入するほどの惚れ込みようでしたが、これも破局している。どうやら前田との離婚後は、ダメ男にとことん尽くしているようにも見え、男運のなさがわかります。ただ、現在の写真を見る限り、とても現在54歳には見えない若さで、『美活』に力を入れている以上、まだまだ寄って来る男はいるでしょうね」

「3度目」があるなら今度こそ男運のなさを払拭し、平和な家庭を築いてほしい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレビ朝日・安藤萌々アナがヤクルトキャンプで大顰蹙!村上宗隆以外はガン無視で会釈もせず…
2
YOSHIKI新バンド米国公演の前座は「世界的ガールズバンド」に「逆だろ!」ブーイング
3
今どきこんなことを言う選手が…サッカー・長友佑都の時代錯誤な見解
4
競馬界に風雲急!ホリプロが藤田菜七子から今村聖奈にシフトチェンジした「実力と性格」雲泥の差
5
「中に出して!」篠田麻里子のドロ沼不貞で浮上した「激しすぎる車中の情事」