スポーツ

「スーパー中学生」ドルーリー朱瑛里を「土壇場で欠場」に追い込んだ「撮影と声かけ」の恐怖

 陸上界の「スーパー中学生」ドルーリー朱瑛里(しぇり)が、2月5日に出場を予定していた「BIWAKOクロカン2023」を欠場した。

 ドルーリーは1月15日に開催された全国都道府県対抗女子駅伝で17人抜きの快走を見せ、一躍、全国に名を轟かせた。

 続く1月29日の、岡山県の市町対抗駅伝では、津山市代表として3区(3キロ)に出場。区間記録を10秒更新する9分40秒で走り切る、ケタ外れのパフォーマンスを披露し、人気を不動のものにしていた。スポーツ紙記者が語る。

「2月5日の大会に向けて、各メディアが異例の取材体制を敷いていたのですが、2月3日に彼女の代理人弁護士が報道機関に向け、欠場を発表しました。それによれば、ドルーリーは周囲からの撮影や声かけの対処に不安を感じたことから、今回は見送る決断をしたといいます。中学生離れした走りと美貌でメディアの格好の的となっていましたが、まだ15歳。恐怖を感じた出来事もあったのでしょう。中学生の出場について弁護士がリリースを発表すること自体、異例中の異例ではあるものの、事故が起きる前に、この過熱ぶりに釘を刺したということです」

 ドルーリーは高校生になっても陸上を続けていくといい、報道やファンに向けて「もしどこかで見つけたとしても、動画を撮ったり、声かけは控えてほしいです。そっと見守っていただけるとありがたいです」とコメントしている。早くも出場が期待される五輪の大舞台はまだまだ先。今しばらくは、温かく見守ろうではないか。

(ケン高田)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?
5
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」