スポーツ

阪神・岡田彰布監督「アレ流構想」崩壊を阻止した近本光司の「WBC招集見送り」

「アレ」を目指す阪神・岡田彰布監督が、胸を撫で下ろしているという。鈴木誠也が左脇腹の張りで侍ジャパンを正式辞退。その代役としてソフトバンクの牧原大成が決まり、近本光司の招集が見送られたからだ。

 長年、阪神を取材する在阪テレビ局関係者は、その理由を次のように説明する。

「岡田さんは就任以来、センターラインの強化をひとつのテーマにしてきた。そのため近本をセンターに固定、中野拓夢をセカンドにコンバート、梅野隆太郎を正捕手に据えてシーズンに入ろうとしていました。それが近本まで招集されると、このセンターラインで実戦に臨めるのは開幕間近になる。WBCで激闘が続けば、コンディション面でも心配が出てきます。監督として不安になるのも無理はなかったと思います」

 二塁にコンバートされる中野は、侍ジャパンでは昨季まで守っていた遊撃手としての役割が期待されている。そのため、公式戦で守る二塁手としての守備練習が不足がちになる。昨季、守乱に泣いたチームを率いることになった岡田監督としては、

「中野の招集も、手放しでは喜んでいなかった」(スポーツ紙デスク)

 という声がもっぱらだ。

 その上、梅野がキャンプ最終盤になり、右ヒジの違和感を訴えて離脱。検査の結果、大事には至っていないようだが、梅野本人は「今まで感じたことのないものだった」と話しており、ぶり返す可能性もある。

 近本までもチームから離れることになれば、開幕構想を練り直さなくてはいけない状況だった。

「岡田監督は今季、中間守備はせず、ピンチの場面では前進守備か定位置の2択でいくと宣言している。そのためには練習から徹底させるしかない。にもかかわらず、この3人が欠けていたら、どうにもならなかったですからね」(在阪スポーツ紙遊軍記者)

「アレ」のためには、昨季のようなスタートダッシュの大失敗は避けたいところ。一部では近本が岡田監督の意向を忖度し、招集の打診を断ったとの情報もある。侍ジャパンにとっては微妙な話だが、指揮官はひと安心だろう。

(阿部勝彦)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
4
横浜F・マリノスは間違えた!キューウェル監督の電撃解任で「来季も地獄」が確定
5
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!