スポーツ

原辰徳が思わず明かしたあの「代打・一茂」事件の屈辱ホンネ

 V奪還を至上命題とする巨人・原辰徳監督にとって、現役時代の忘れられない事件といえば、あの「代打・一茂」が真っ先に挙げられるのではないか。

 94年9月7日の横浜戦、7回。打順が4番・原の場面で、長嶋茂雄監督がベンチから飛び出し、球審に「代打、長嶋一茂」を告げたのである。

 この屈辱を、原監督は当時、どう思っていたのか。3月5日、野球解説者の高木豊氏が自身のYouTubeチャンネル〈高木豊Takagi Yutaka〉で原監督を直撃したところ、

「あの当時、ミスターはチームが勝つためにどうするかっていうことだけですから。『あ~、オレ野球ヘタクソになったな。よし、もうちょいうまくなってやるぞ』っていうふうに思うしかないわけでね」

 この優等生的発言に、高木氏は畳みかけるように質問する。

「当時、その時も思った? 監督は素直に?」

 するとここで初めて、原監督は本音を漏らすのだった。

「最初は、『え~、一茂~?』っていうのはね、思いましたけどね…」

 つまり原監督は、あの場面は自分が決めるべきであったとして、もう一度うまくなるべく練習に励んだと回顧しているのだ。

 94年の原監督は67試合に出場して、打点36は自己ワースト。本塁打も14にとどまり、翌95年に現役を退いている。

 一方の一茂は、どんな感想を抱いたのか。これは昨年12月17日、槙原寛己氏のYouTubeチャンネル〈ミスターパーフェクト槙原〉に出演した際に、次のように回想していた。

「オレも参ったよ。頼むから出さないでくれって思ったもん」

 結果、サードゴロに倒れ、ミスターの勝つための算段も虚しく、1対2で敗戦したのだった。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
3
桑田真澄に「偉業を全て盗まれた」同級生の元バッテリー捕手が明かす「ほとんど完全試合」時代
4
「3Aで最多安打記録」巨人に新加入の外国人ヘルナンデスに「超不吉なデータ」
5
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人