社会

「8月安倍内閣改造」で菅官房長官を官邸追放か?(3)最近“キレがち”な官房長官

 新官房長官には安倍総理のタカ派路線を積極的に後押しする人物が抜擢されることになるとのことだが、自民党の別の重鎮筋からは菅氏の追放を決断した総理の心境を代弁する、次のような声も聞こえてくる。

「菅氏のこれまでのふるまいを巡っては、総理自身、同志らから激しい突き上げを食らってきた。『菅氏は留任』とのマスコミ情報が流れているのも、菅氏追放をサプライズに仕立てるための演出。同志らの間に充満する不満を一気にガス抜きし、安倍カラーを押し出すための基盤を固めたい、ということでしょう」

 石破氏を幹事長に追いやった自分が同様の島流しにあう‥‥。そんな皮肉な追放劇を敏感に察知していたのか、菅氏をよく知る自民党関係者は「最近はちょっとしたことにも、イラついたりキレたりしていた」として、次のように話す。

「菅さんは頑固で融通の利かないタイプで、かつ、恨みを引きずる執念深いタイプ。また、めったに笑わない、いつ会っても仏頂面、と言われるクールさとは裏腹に、小心で神経質な一面もある。これまではそんな素顔を見せることはなかったが、今年に入って露骨なコワモテぶりが目立つようになった。やはり安倍総理から疎まれ始めたことへの焦りがあるんでしょう」

 都知事選に出馬した舛添要一氏の応援演説を拒否した小泉進次郎氏を公然と非難した一件しかり、東電がまとめた「吉田調書」を朝日新聞に流した犯人を血まなこで探し出そうした一件しかり、集団的自衛権問題を番組で追及したNHKの国谷裕子キャスターに隠然たる圧力をかけた一件しかり、外国特派員協会でフランス人記者から憲法改正について突っ込まれ、キレ気味に気色ばんでみせた一件しかり、というわけだ。

 菅氏は秋田の農家の長男として生まれ、上京後、小此木彦三郎代議士の地元秘書を経て横浜市会議員に。その後、横浜市西区を中心とする神奈川選挙区から出馬し、1日300軒の有権者宅を回るドブ板選挙で国会議員となったが、「野心とは無縁の泥臭い苦労人」と評される素顔にも疑問の声が上がっている。

 自民党重鎮の一人は「菅氏の総理への下心はミエミエ」としたうえで、こう指摘するのだ。

「現に菅氏は党内に隠れ派閥を準備し、総裁選出馬の機をじっと待っている。その点も安倍総理のカンに障ったんでしょう。ただ、菅氏は酒もタバコもやらない堅物で、それが政治家としての度量を狭くしている。その意味では、本人の言う『総理を目指さない』のではなく、『目指せない』ということかもしれない」

 目前に迫った内閣改造で事件は起こるのか。菅氏にとっては、眠れない日々が続くことになりそうだ。

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
後輩芸人に弱気発言も…石橋貴明の“凋落の現場”をスクープ詳報!
2
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
「蚊?」「もう夏じゃない!」…TBS宇垣美里、“公然キスマーク”にネット民大混乱
5
大好評「激レアさんを連れてきた。」に“打ち切りの危機”が囁かれる深刻理由