芸能

「肋骨3本骨折と内臓出血」で救急搬送!インリンを襲った電動自転車の「事故回避の転倒技術」

 90年代後半に「M字開脚」で一世を風靡したインリンが、結婚を機に移り住んでいる生まれ故郷の台湾で、全治2カ月の重傷を負っていたことが分かった。

「電動自転車で倒れて、電信柱に肋骨をぶつけて、救急車で病院に運ばれてきまして、肋骨3本折れてました。そして内臓も出血しているので、点滴で止血をしています。呼吸するのも辛い感じです。なんか、ツイてないですね…」

 自身のYouTubeチャンネル〈インリンちゃんねる〉で、現在の様子をそう語ったのである。

 鼻の下に経鼻チューブを通し、痛々しい姿になったインリンが、ベッドの上から力なく口を開き、しばしYouTubeの休止を告げた。

「胸腔内に血液がたまっている気血胸と診断されたようで、呼吸障害があり、肺の周りも出血しているための経過観察入院だと、テロップで補足が入っていました。診断書も映し出されており、3月8日に起きた事故のようです」(ネットライター)

 移動する際の便利アイテムである電動自転車だが、重量が30キロ近くあることが問題だと、サイクルスポーツ関係者は言う。

「一般的な自転車と違って、転倒しそうになった際に体勢を戻すこと、また倒れた際に起こすことが困難です。にもかかわらず、力の弱い女性やお年寄りが頻繁に使用しているのが現状です。雨の日、特にマンホールの上を通過する時には滑りやすいと言われている。倒れそうになった場合は無理に抵抗せず、スローモーションのようにゆっくり倒れることを心掛けるといいでしょう。ちなみに交通事故総合分析センターの統計によれば、20年に起きた自転車事故は12年の13万2048件からほぼ半減しましたが、電動自転車は12年の1250件から2642件に増えた。需要の増加が現実を物語っています」

 インリンの1日も早い回復を願う。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
プロ野球 セパ「12球団の一平ちゃん」を暴く!(3)佐々木朗希「成績度外視メジャー入り」密約で総スカン
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す