スポーツ

WBC佐々木朗希が世界デビューで待たれる「岩手メジャーリーガートリオ」結成

 フロリダで行われたWBC準決勝メキシコ戦で先発した佐々木朗希は、初回にいきなり今大会自己最速タイの164キロをマークするなど、160キロ超えを連発。2回一死一塁から、6番のウリアス(ブリュワーズ)の痛烈なライナーを腹部に受けて球場は騒然としたが、それでも「大丈夫」とマウンドに立ち続けた。

 4回5安打3失点で降板することになったが、内容は悪くなかった。160キロ台のストレートに、フォークもズバズバと決まった。しかし4回二死からのポテンヒット2本と、その後、甘く入ったフォークボールを左中間スタンドへ放り込まれる先制3ランを献上してしまった。「配球は間違っていなかった。投げ切れなかったところは反省点かな」と佐々木は悔しそうだったが、メキシコのヒル監督は「彼がメジャーに来れば、とんでもないスターになるだろう」と太鼓判を押した。WBC公式ツイッターも「102MPH(約164キロ) from Roki Sasaki!」と、インパクト十分の登板を伝えた。

「佐々木にとってはアンラッキーな展開でした。ただ、最初から飛ばしていましたから、疲れていたんじゃないですかね」(スポーツ紙記者)

 試合後の会見で「近い将来、メジャー移籍の考えはあるのか」とアメリカの記者に聞かれた佐々木は「時期より、まずは日本でしっかりプレーして、その先に見えてくると思う」と返した。

「大船渡高時代の3年夏、岩手大会準決勝から連投になるため、決勝戦での登板を回避したことが大論争に発展しました。監督への批判の声が上がったのは確かですが、あの時に無理をさせれば故障の可能性があったのも事実です。佐々木自身は出たかったはずですが、それでもベンチで大きな声を出していたのが印象的でした。WBCでの佐々木の活躍を見ると、無理をさせないで正解だった、という気がします」(前出・スポーツ紙記者)

 この年、韓国で行われたU-18W杯では、右手にマメを作って1イニングに登板したのみ。プロ入り後も体力不足が指摘されるなどした。

 しかし、ロッテに入って2年。球団を挙げて体作りに取り組んできた成果が表れ、今回のWBCでひと皮もふた皮も剥けた印象だ。

 米国お披露目となったこの日の快投で、メジャーリーグの評価はますます高まったようだ。あとは同じ故郷の先輩の大谷翔平、そして菊池雄星との「岩手メジャーリーガートリオ」が誕生するのが待ち遠しい限りである。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
2
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
3
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
4
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること