スポーツ

ドバイで初逃げ圧勝!いよいよ歴史を塗り替える「イクイノックス」凱旋門賞の「勝率80%」

 3月25日、中東UAEのドバイで行われた競馬のドバイシーマクラシック(芝2410メートル)で、日本馬イクイノックスが驚異の走りを見せて1着に入った。

 昨年末の有馬記念と10月の天皇賞・秋を制しているイクイノックスは、鞍上ルメールの指示通り、初めての逃げを打った。競り合ってくる馬もない、悠々の逃げ。3コーナーから後続馬が距離を縮めてきたが、それをあざ笑うかのように、最後の直線では差が縮まるどころか引き離す一方。ルメールはノーステッキで後続馬を振り返って確認するほどの余裕を見せ、ゴール前は流すだけだった。

 それでいて、2分25秒65のコースレコードを記録したから衝撃的だ。これで日本馬がまだ勝ったことがない、凱旋門賞を制するという悲願が達成されれば──。

「久々にこれぞ強い馬だという、圧倒的な勝ちっぷりでしたね。逃げを打ちながら、最後の直線で後続馬をどんどん引き離したわけですから。相当、調子も良かったんでしょう」(競馬担当記者)

 パリの郊外ロンシャン競馬場で毎年秋に行われるのが凱旋門賞であり、今年は10月1日に開催される。賞金額は別として、世界で最も権威のあるレースだ。日本馬の挑戦は1969年のスピードシンボリから始まっており、いまだ勝利はない。99年のエルコンドルパサー、2010年のナカヤマフェスタ、12、13年のオルフェーヴルの2着が最高成績である。はたしてイクイノックスは凱旋門賞馬になれるのか。

「レースが行われる時期のパリは雨模様が多く、重馬場になりがち。日本のような高速馬場とは全く違うため、日本馬はこれまで慣れない馬場で脚色が鈍り、勝利を阻まれてきました。今回のドバイのレースでは、イクイノックスの体が大きくなりつつも、俊敏な動きを見せた。このまま無事に過ごしてパリに行けば、凱旋門賞馬になれる可能性が80%ほどでは」(前出・競馬担当記者)

 イギリスのブックメーカー大手ウィリアムヒル社は、凱旋門賞の前売りオッズで、イクイノックスを8倍の1番人気に設定した。なんとか歴史を塗り替えてほしいものだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
2
2026年WBC「ピッチクロック採用」に猛反対する日本球界の交換条件は「大谷翔平DHルール」
3
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!
4
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
5
今江敏晃監督の「超冷酷采配と大バクチ」で一気に浮上した楽天に「ひとりカヤの外」の男