政治

統一地方選挙「まるでダメ」立憲民主党で「泉降ろし」と「野田佳彦返り咲き」が!

 統一地方選の前半戦が4月9日に投開票された。日本維新の会が大阪府知事・市長のダブル選で圧勝し、さらに隣接する奈良県知事選でも勝利、地方議会でも議席を倍増させるなど、「完勝」といえる内容だった。

 自民党は高市早苗経済安全保障担当相が県連会長を務める奈良県で分裂選挙となり敗北、野党第一党の立憲民主党も、小西洋之参院議員が高市氏を総務省の放送法に関する行政文書で高市氏を追及したものの、各地で振るわなかった。高市、小西両氏は痛み分けで、維新が漁夫の利を得る結果となった。

 維新では結党以来の指導者である松井一郎大阪市長が、同じく党の創設者である橋下徹元市長同様に政界からの引退を表明し、馬場伸幸代表と吉村洋文大阪府知事の新しい体制で臨む、初めての選挙となった。

 馬場氏は国会では立憲民主党と足並みを合わせるかのような姿勢を示したが、小西氏が衆院憲法審査会の毎週開催を「サルのやること」と揶揄し、メディアに圧力をかけた問題を利用して、立憲との共闘を凍結した。

 立憲の泉健太代表は、維新からの突き上げと党内左派による小西擁護の板挟みとなり、身動きがとれない状態だった。維新にとっては小西問題をうまく利用し、奈良県などでの自民党の分裂を利用するほか、立憲を批判することで存在感を高めた。立憲は昨年の参院選での敗北後、それまでの共産党との共闘路線から維新との連携に舵を切っただけに、小西問題は大きな痛手となった。

 しかも、大阪県知事選や市長選では維新に対抗し、自民党府連が推す候補に乗ったり、奈良では高市氏の元秘書官だった候補を、県連として支持。自民党が分裂した徳島県知事選でも自主投票とするなど、ちぐはぐぶりが目立ち、「野党第一党」としての存在感をまるで示すことができなかった。

 今後、立憲では泉降ろしが起き、存在感を高めつつある野田佳彦元首相の代表返り咲きを求める声が高まるとみられる。

 高市氏も「ポスト岸田」を狙う上で、大きな打撃となった。奈良県連会長として指導力を示すことができず、総務省文書問題で小西氏らに追及されたのに逆ギレし、自民党内からも批判が出た。

 高市氏は自身が擁立した候補の敗北に「自民党県連会長でありながら、国会答弁に追われた上、高熱が続き、張り付きで応援することができませんでした。深くお詫びを申し上げます」とコメントを出した。自身の政治力のなさを認めた格好だ。

 今後は統一地方選後半戦と同時に行われる衆参5補選(4月23日に投開票)で、どれだけ自民党が勝利できるか。永田町では「4勝以上したら、通常国会の会期末解散の可能性が高まる」との観測も出ているだけに、特に小西氏と野田氏の地元の千葉5区、そして維新が勢力を伸ばした関西で勢いが続くか、和歌山1区の行方が注目される。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ラモス瑠偉「W杯惨敗サッカー日本代表コキ下ろし」に抗議電話15万5000件/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
2
「キスしてる?」質問にフジテレビ・井上清華が衝撃「赤面もじもじ返答」の「まさか!」
3
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
4
落合博満が「何の連絡もない」と困惑する「中日OB戦オファー事件」の舞台裏
5
岡田監督と不協和音!阪神・佐藤輝明「怒りの2軍落ち」で問題視された「試合に向かう姿勢」