スポーツ

世界の福本豊<プロ野球“足攻爆談!”>「さすが!岡田監督の有言実行采配」

 阪神が最高のスタートを切った。DeNAとの京セラドームでの開幕3連戦で3連勝。敵地の広島に乗り込んでも勢いは止まらず、開幕4連勝は岡田監督が前回指揮をとった08年以来の15年ぶり。やることなすことうまくいく感じで岡田監督も上機嫌この上ない。選手らには厳しい監督というイメージがあったと思うけど、ベンチでニコニコしているからチームのムードが明るい。

 ブランクを感じさせず、春から勝負勘が冴えまくっている。驚かされたのは4月2日の一戦での原口の代打2ラン。2点リードの8回に一塁走者が二盗に成功すると、カウント1ストライクで島田に代打・原口を送り込んだ。球場がざわつく中で、ものの見事にエスコバーの真っすぐを左翼席へホームラン。リードを4点に広げて、3連投になる湯浅を温存して楽に逃げ切れた。岡田監督は試合後に「俺にしたら普通のこと」とコメントしたが、関西のスポーツ紙には1面で「神采配」の見出しが躍った。

 投手陣の戦力は昨年からリーグ屈指やから、課題の打撃と守備が向上すれば、自然と白星は増える。岡田監督は就任時からベンチワークでの得点を宣言しており、まさに有言実行。盗塁やヒットエンドラン、セーフティースクイズなど積極的に動かして、コツコツと点を重ねている。

 適材適所のコンバートもうまく機能している。中野を二塁に回し、遊撃のレギュラーに抜擢した高卒5年目の小幡が攻守に期待以上の働き。2日のDeNA戦の7回2死一、三塁の守備では、宮崎のフェンス直撃の打球で本塁を狙った三塁走者を中堅・近本との中継プレーで刺した。「京セラはバウンドすればすごく伸びてくれる」と、計算どおりに低く、強い球でのワンバウンド送球。生還を許せば1点差に迫られる場面で、自慢の強肩でチームを救った。

 岡田監督からすると、センターラインの守備を重視しての起用。小幡にはバットの方ではそれほど期待していなかったはず。それが開幕戦から3安打2打点の活躍やから、笑いが止まらない。小幡だけでなく、今年からの新レギュラーが打ちまくっている。3番のノイジーは振り回すタイプでなく、広角にヒットを打ち分けるタイプ。大崩れしないから、開幕4試合で全試合安打を放ち、そのうち3試合で2安打。走塁もそつがなく、優良外国人になりそう。

 大山、佐藤輝の4、5番をノイジーと挟む形となっているのが、ドラフト1位の森下。オープン戦の活躍そのままに本番でも結果を残している。常に自分のタイミングで強くバットを振れるのは大したもの。相手にデータがそろってからが本当の勝負となるけど、そんなに大きな穴があるようには思えない。あとはケガしないこととスタミナ。6番はチャンスで回ることが多いから、間違いなく打線のキーマンとなる。

 阪神ファンは岡田監督が言うところの「アレ」にこのまま一直線で向かうことを願っているが、それほど甘くないのも事実。実際に阪神が開幕4連勝を飾った過去3度はすべて優勝を逃している。この先、誰かがブレーキになる、アクシデントがある、そう思っておかないといけない。勝負事というのは、波に乗っている時は何をやってもうまくいく。逆風が吹き始めた時にこそ、経験豊富な監督の手腕の見せどころとなる。

福本豊(ふくもと・ゆたか):1968年に阪急に入団し、通算2543安打、1065盗塁。引退後はオリックスと阪神で打撃コーチ、2軍監督などを歴任。2002年、野球殿堂入り。現在はサンテレビ、ABCラジオ、スポーツ報知で解説。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
4
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道