社会

“土俵際”石破茂が繰り出す“安倍をうっちゃり”奇策(3)健全な自民党にするために

「安倍VS石破」の戦いがどうなるのか──。まずは、12年の総裁選を振り返る。

「最初の投票は党員・議員を合わせた498票の取り合いで、石破さんは圧倒的な地方票を集め1位になりましたが、過半数を取れませんでした。続く国会議員による決選投票で、安倍総理に逆転負けを喫した」(政治部記者)

 石破氏の党内人脈が薄いことはかねてより指摘されているが、無役となってこれを濃いものとしていけるのかが一つの鍵となる。

「石破さんは、30人ほどの横断派閥の勉強会を持っています。人間関係を作って、安倍派に距離を置く派閥と提携できるかどうかが課題でしょう」(浅川氏)

 もう一つは、元自民党の長老たちとのつながりだ。古賀誠氏(74)、野中広務氏(88)、青木幹雄氏(80)、森喜朗氏(77)という、現在、永田町にある「砂防会館」に事務所を構える「砂防会館グループ」をどう取り込めるか。

「このグループの影響力はまだそれなりに強いのです。森さんは最大派閥町村派のOBで、青木さんは経世会、つまり現在の額賀派のOBで参院に影響力が強い。石破さんがそこを取り込むことができるかどうか。前回、総裁選で石破さんの選対をやった山本(有二衆議院議員=62=)さんがキーマンでしょう。森さんとは早稲田大の雄弁会の先輩後輩の関係で、かわいがられている人物です。国会議員票は彼の動きしだいです」(浅川氏)

 苦しい戦いが予想されている石破氏だが、対する安倍総理にも越えなければならないハードルがいくつかある。

「現在の支持率は民主党政権の失政に対する反動が支えています。まず9月の改造人事が成功するかが重要です。大臣からスキャンダルが出てくると支持率が下がる。もう一つは経済です」(浅川氏)

 13日には、消費増税の影響でGDPマイナス6.8%と震災以来、大幅に落ち込んだことが発表されたばかりだ。安倍総理は「文藝春秋」9月号で、

〈経済成長こそ安倍政権の最重要課題であることを明言しておきます〉

 とみずから寄稿し、アピールに躍起だが、景気回復が起こる保証はない。

「旧来、自民党総裁には常にライバルがいて、虎視眈々と足元を狙っていました。総理になっても安心できない緊張感が自民党の活力だったのです。全員が安倍さんのイエスマンになっている現状は異常な状態です。石破さんは堂々と入閣を断って、政権構想を作るくらいのことをやるべきです。そのほうが自民党にとって健全だと考えます」(鈴木氏)

 総理の椅子を獲る石破氏の最後の戦いが始まる──。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
2
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”
3
嵐・相葉主演ドラマが爆死状態で“なりふり構わぬテコ入れ作戦”始まった!
4
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
5
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!