スポーツ

阪神・青柳晃洋「ヤクルト移籍」怪情報をめぐる「年俸問題」と「虎ファン嫌い」

 首位街道を走る阪神タイガースを揺るがす怪情報が、球界を駆け巡っている。なんとエース青柳晃洋の他球団移籍である。在阪スポーツ紙デスクが明かす。

「開幕から不振で、現在はファームで再調整しているわけですが、来年にも国内FA権を取得する。その暁には阪神を出てヤクルトに行くのでは、という話です。元々、青柳は母親も兄も本人も大のヤクルトファン。しかも、現在の高津臣吾監督は自らと同タイプの投手ですからね」

 一昨年、昨年と2年連続で最多勝、最高勝率のタイトルを獲得。昨年は最優秀防御率投手にも輝いたセ・リーグを代表する投手だが、待遇面に不満があるのだという。スポーツ紙遊軍記者は、

「昨年、セ・リーグの投手3冠となり、年俸は倍増の推定2億4000万円となりました。ところが、同僚の西勇輝は阪神移籍後、4年で36勝しかしていないのに再度FAとなり、4年12億円の好条件で再契約しています。生え抜きとしては面白くないでしょう」

 一部の虎党の罵倒に「ファンだからといって、何でも選手に言っていいわけではない」と苦言を呈していることも影響。

「チームのために頑張っているのに、打たれるとSNSに『まず顔が不愉快です』『ゴミ戦犯』などと書き込まれたり、頭髪に対する誹謗中傷も受けている。青柳は法的措置をとることも示唆しています。球団側もファンに対し、やめるよう促していますが、あまり効果はない。ファンに対してすっかり嫌気が差しても不思議ではない状況なのです」(前出・在阪スポーツ紙デスク)

 FAで他球団に移籍される前に、球団がトレードを画策する可能性もある。現在のプロ野球界では珍しい変則投げ投手が、タテジマのユニホームを着る時間は、あまり残されていないかもしれない。

(阿部勝彦)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
4
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
5
中日ドラゴンズを低迷させた「タニマチと夜の活動」「儲かるゴルフコンペ」選手をダメにする文化