社会

日本の将来に見切りをつけたのに…バンコク移住者が嘆く「日本人コミュニティー」の暗黒実態

 止まらない物価高騰の波に円安。さらに低賃金と、日本で暮らすことに将来を見い出せない日本人の間で、海外移住を選択するケースが増えている。だが、現実と理想はなかなか上手くいかないもの。実際に海外移住をしてみたものの、現地での日本人同士の人間関係に苦悩する声が出ているのだ。

 昨年10月1日現在で、7万8000人超の日本人が暮らすタイ。中でも首都バンコク(写真)で暮らす邦人数は5万9000人以上と、世界の都市別在留邦人数では、ロサンゼルスに次ぐ2位となっている。そんなバンコクで、現地採用として働く女性に話を聞くと…。

「バンコクの日本人コミュニティーって、すごく狭い世界なんです。強いて言うのであれば、日本の村社会のよう。日本の企業から赴任してくる駐在員と、私のような現地採用で分かれるのですが、現地採用組の人間関係は、特に面倒くさい。誰がどこで働いているとか色恋沙汰とかを皆が知っていて、噂が回るのが早い。おちおち彼氏を作ることもできません」

 この女性によれば、現地駐在員は同じ企業の人同士で共に行動する。そのため、現地採用者との交流はほとんどなく、恋人を作るとなると、必然的に現地採用者同士になるという。

「現地採用者の、足の引っ張り合いもすごいんです。バンコク在住日本人の掲示板があるのですが、少しでも目立つ日本人がいれば、悪い噂を書き込まれる。最近では、SNSでの誹謗中傷もよく見ますね。皆、表面上は仲良く振る舞っていても、実際は陰口ばかり。微笑みの国タイとは程遠いイメージですね」

 日本の人間関係の煩わしさから抜け出してタイに来てみたはいいが、想像とかけ離れていたバンコクの人間関係。海外移住は、メリットに目を向けてばかりでは難しい。実際に住んでみないとわからないこともあるのだ。

カテゴリー: 社会   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    動画もオンラインゲームもラグ知らず! OCN 光はなぜ夜のエンタメシーンでもおすすめなのか

    Sponsored
    251202

    PCの画面を見ながら、F氏は愕然とした。デビュー以来推していた某女性グループの1人が卒業するから….ではない。涙を堪えながら、その最後のお別れとなる卒業ライブ配信を視聴していたところ、最後の挨拶を前に、動画サイトの画面がカクつき…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    中年リスナーがこぞって閲覧!“あざとかわいい”人気美女ライバーが、リスナーとの関係や仲良くなれるコツを指南

    Sponsored
    264969

    ここ数年来、ネット上の新たなエンタメとして注目されている「ライブ配信」だが、昨今は「ふわっち」の人気が爆上がり中だ。その人気の秘密は、事務所に所属しているアイドルでもなく、キャバ嬢のような“プロ”でもなく、一般の美女配信者と気軽に会話できて…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    配信者との恋愛はアリ? 既婚者が楽しむのはナシ? 美女ライバーと覆面リスナーが語る「ふわっち」セキララトーク

    Sponsored
    266588

    ヒマな時間に誰もが楽しめるエンタメとして知られるライブ配信アプリ。中でも「可愛い素人ライバー」と裏表のない会話ができ、30代~40代の支持を集めているのが「ふわっち」だ。今回「アサ芸プラス」では、配信者とリスナーがどのようにコミュニケーショ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
阿部慎之助は「戦犯扱い筆頭」元木大介は原監督と「亀裂」ダメ巨人で始まるコーチ陣大粛清
2
ロンブー淳がアンチに「直接話そう」公開した携帯電話番号にかけたら「生配信」されるかも
3
今年のプロ野球ドラフトは「大学生投手の大豊作」で花巻東・佐々木麟太郎を敬遠する球団が出た
4
「桑田派」巨人・大勢をにわか仕立てで潰す気か!「桑田真澄を1軍投手コーチに戻せ」という投手陣の叫び
5
水卜麻美・井上清華・渡邊渚「体調不良」で女子アナが続々ダウンする「昼夜逆転」生活の限界