エンタメ

藤井聡太「勝負メシ」タイトル戦<19局30食>メニュー完全攻略(1)脳の活性化と集中力の向上

 将棋界の歴史がまたひとつ、藤井聡太によって塗り替えられた。史上最年少での名人戴冠とともに、あの羽生善治に続いて2人目となる七冠の偉業が達成された。23年のタイトル戦19局の成績は14勝5敗。爆勝ロードを陰で支えた「勝負メシ」全30食を完全攻略。食事面から強さの秘密を解き明かす。

 5月31日と6月1日の2日間、将棋ファンが固唾をのんでひとつの対局を見守っていた。それは藤井聡太竜王(20)が渡辺明名人(39)に挑んだ、名人戦第5局。藤井竜王が3勝1敗と名人位に王手をかけた大一番だったが、94手で渡辺名人が投了、新たに藤井七冠が誕生した。

 将棋の対局は長丁場だ。名人戦のように2日かけて行われることもあり、棋士の体力はアスリート並みに激しく消耗し、対局後に体重が数キロ落ちることも珍しくない。また、頭脳労働には糖分をはじめ様々な栄養素が必要なのは、今や誰もが知るところである。

 そこで、近年特に注目されてきたのがいわゆる「勝負メシ」だ。将棋ライターの松本博文氏が解説する。

「昔から昼休憩はもちろん、合間にチョコレートを食べたり、みかんを食べたりするのは、将棋界の慣習としてよくあることでした。対局中の栄養補給は、今ほど栄養学の知識がない時代から必須だったんです。その名残で、タイトル戦のような格式の高い対局では必ず、昼食のほかにも午前と午後の2回、おやつが用意されるようになりました。タイトル戦は全国各地のホテルなどで行われます。いつしかその地産の食材を使った料理や地元の銘菓が提供され始め、対局がネット中継されて以後は、大きな注目が集まるようになった。藤井七冠のデビュー後はさらにその傾向が強まり、今ではタイトル戦の勝負メシは、ある種、町おこし的な意味合いも含むほどです」

 若き王者の食生活にあやかりたいファンも多いのだろう。藤井七冠が食した勝負メシは、その土地の名物メニューとなり、通販で扱おうものなら即完売することも珍しくない。

 そして今回、アサ芸は今年に入ってから藤井七冠が戦った4タイトル戦19局の勝負メシに着目。2日制の「名人」「王将」、1日制の「棋王」「叡王」で食べた「全30食の昼食プラスおやつ」のメニューに、勝利へ導く法則性や特別効果があることを発見したのだ。料理研究所「おとな食堂」を主宰する健康料理家、川上晶也氏が言う。

「勝負メシの内容を見ると、対局時のエネルギー消費量がいかに激しいものかが、献立の糖質の高さから見て取れます。ただ、そのエネルギーを補うだけでなく、脳の活性化や集中力アップ、リラックス効果などを高める栄養素もキチンと摂るためのメニューになっているという印象です」

 それでは、さらに詳しくその内容を見てみよう。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
2
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
3
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
4
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること