スポーツ

西武ライオンズの「オンナ狩り男」渡部健人が首脳陣に厳しく説教されて猛練習したら「2軍落ち」

 西武ライオンズの主砲・渡部健人が7月2日、左足内転筋の筋損傷で登録抹消で2軍落ちした。7月1日のソフトバンク戦の走塁中に痛め、病院の検査で判明。前半戦の1軍復帰は絶望的となった。ソフトバンク戦では4号ソロ、2点適時打を放つなど、3安打3打点。スキャンダル離脱の山川穂高に代わる新4番だったが、これまた戦線から外れることに。だが、その「予兆」はあったという。

 渡部は先ごろ、「週刊文春」でSNSのDMを使って女性を引っかけ、自宅や遠征先のホテルにしつこく誘っていたと報じられた。

「渡部の醜態を知った首脳陣はアキレたといいます。期待の背番号を背負い、何度もチャンスを与えられ、今は野球に集中する時期。厳しく説教されたことで改心し、練習に打ち込んでいました。その矢先のケガですから。『急に練習するからこうなる』『慣れない猛練習をしたから』『週刊誌報道を見返そうと張り切りすぎた』と言われていますね」(スポーツライター)

 次々と襲いかかるトラブルで、ライオンズファンは暗い空気に包まれている。山川は知人女性への性的暴行事件で警視庁に書類送検され、新外人マーク・ペイトンは飛球を追って右足を負傷。高橋光成と今井達也は西武ホールディングスの株主総会で「見苦しい、食事がまずくなる」と、ロン毛にクレームをつけられた。チームの士気は一向に上がらず、パ・リーグ最下位争いから抜け出せない。

「渡部の件もそうですが、やること全てが裏目に出てしまっています。戦力を整えるためセ・リーグ球団に、交流戦中のトレードを持ちかけましたが、破談となったようです。なかなかうまく連動しません」(前出・スポーツライター)

 危機的状況だが、シーズン後半にかけての巻き返しはできるだろうか。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり【2024年6月BEST】
4
吉沢京子「芦屋夫人」を捨てた離婚と「中村勘三郎との6年愛」仰天告白/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった