スポーツ

ロッテ・佐々木朗希「セ・パ最速100奪三振で投手3冠」に吉井理人監督が苦言を吐いたのはなぜか

 まさに臨機応変な投球が光った試合だった。ロッテ・佐々木朗希のことである。

 7月5日のZOZOマリンスタジアムでの西武戦に先発登板した佐々木は8回無失点で、6月11日以来の6勝目を挙げた。

 初回、先頭打者の外崎修汰に158キロの直球を左中間フェンス直撃の二塁打とされ、2番の源田壮亮も、157キロ直球を三塁前のバントヒット。この時点で、西武打線が直球を狙っていると気付くとすぐさまスライダーとフォークを連投し、三振の山を築いた。その数は、マウンドを降りるまでに11を記録。特に初回はいきなりのピンチを背負いながら「全員、三振を取るつもりで投げた」と語った通り、後続を3連続三振で退けるなど、序盤からギアを入れてしのいだのだった。

 その後も風速10メートル以上の強風がバックネットに当たり、逆風として跳ね返ることをうまく使って、落ちが鋭いフォークやスライダーを軸に、西武打線をネジ伏せる。相手の反応を見ながら「うまく組み立てられた」と話したが、吉井理人監督は「本当はもっと、直球を投げてほしい。あの投球は年を取ってからでいいと思う」と苦言を呈した。スポーツ紙遊軍記者は、

「彼なりに考えての投球だったと思うが、吉井監督からすれば、物足りないと映ったのでしょう。5月にも手のマメを潰して3週間離脱し、去年はこの時期に同じくマメを潰して1カ月も離脱した。しのぐ投球の前に、マメをケアしながら本格派としての限界値を探ってほしいわけです」

 そうはいっても、今シーズン両リーグ最速の3ケタ三振を達成し、107奪三振、防御率1.50、勝率7割5分は、堂々のパ・リーグ投手3冠。実力はしっかりついてきているのだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
2
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
3
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
4
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること