スポーツ

藤浪晋太郎「史上最悪の投手」が首位球団オリオールズに電撃トレードの「ちゃっかり強運」

 メジャーリーグ・アスレチックスの藤浪晋太郎が、ア・リーグ東地区首位のオリオールズにトレード移籍することが、日本時間7月20日に分かった。

 藤浪は昨年オフにポスティングシステムで、阪神からアスレチックスに移籍。ルーキーイヤーの今年はここまで34試合に登板して5勝8敗、防御率は8.57。チームは予算をかけずに運営しており、かつてヒットした映画「マネーボール」さながらといえる。メジャー関係者が言う。

「藤浪は開幕からコントロールの悪さが目立ち、四死球で走者を出しては痛打を浴びる悪循環が続いていました。アスレチックスファンから『史上最悪の投手』とコキ下ろされたほどです。ですがだんだん慣れてきたのか、6月20日から11試合続けて無四球投球を続けていた。アスレチックスは地区最下位で低迷しているわけですが、この時期は優勝争いをするチームが他球団の目ぼしい選手をトレードで補強する時期。6月から調子を上げていた藤浪は、結果的にいいタイミングでアピール、見事トレードに乗ったといえます」

 本サイトでは7月12日公開の〈アスレチックス・藤浪晋太郎の費用対効果が悪いので「8月1日までに他球団へ放出」の怪情報〉と題する記事で、藤浪のトレードの可能性について報じていた。すなわち、今後ある程度の結果を残したとしても、4億5000万円を超すチーム5位の高給取りたる藤浪は、アスレチックスにとって費用対効果が悪い。藤浪を使って将来有望な若手を獲得できれば、チームは万々歳、という事情があったのである。事実、オリオールズが差し出した藤浪との交換要員は、3Aの若手有望株である。

 7月18日のレッドソックス戦の登板直前には、阪神時代に仲が良かった故・横田慎太郎さんの名前をマウンドに書いて好投。ベンチに引き上げる際には、何度も空を見上げる姿が印象的だった。心機一転、ここから再活躍して、亡き後輩の墓前に優勝を報告したいところだろう。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」
3
楽天・西武・中日…3弱チームの共通点は「PL学園出身監督」高すぎるプライドに江本孟紀ダメ出し
4
「長嶋監督、怒ってなかった?」高橋由伸が耳を疑った巨人・阿部慎之助監督の「のん気発言」
5
北京五輪「世紀のエラー」G.G.佐藤に野村克也が贈った死の10日前の金言「お前の勝ちだ」