社会

「サンデーモーニング」でも妄言拡散…「LGBT理解増進法のデマ解説はやめてくれ」という当事者団体の憤激反論

 性的指向及びジェンダーアイデンティティの多様性に関する国民の理解の増進に関する法律(以下、理解増進法)。この長い名前の法律が6月23日に施行され、多様な性に対する施策が始まっている。

 そんな矢先の7月11日に、トランスジェンダーの職場環境をめぐる最高裁判決が下された。経済産業省ビル内の女性用トイレ利用を制限されたのは不当だとして、トランスジェンダー職員が国を訴えていたのだ。判決は「国の対応は違法」というものだった。

 この件に憤激の声を上げたのは、元警察官で一般社団法人LGBT理解増進会代表理事の繁内幸治氏と共同で、Twitter等で活動する玉置祐道氏である。

「この最高裁判決により、テレビなどの各マスコミでは、性同一性障害による、本人が望む性の施設利用が認められた経緯等を全く無視し、無責任なデマや憶測を言い散らかしています」

 いったいどういうことかといえば、

「このトランスジェンダー職員の性同一性障害を経済産業省が認める一方で、他の女性職員の拒否があるとして一部制限を設けた理由が曖昧だったために出た判決。つまり、トイレ使用の制限が認められなかった判決であって、使用の是非ではないのです。あくまでも管理者との話し合いを経て、犯罪にならないように認められた『個人』が、限られた施設での女性用トイレの使用が可能となったにすぎません」(玉置氏)

 それなのに多くの報道では、政治家や弁護士らが「女装した犯罪者がトイレに入ることが可能になった」「女装した男性が、公衆浴場の脱衣所に入ることを防げない」などとワケのわからないことを吹聴したのだと、玉置氏は主張する。

「そうした女装犯は以前から存在しています。『可能になった』などというのはおかしな言い方で、昔も今も捕まります」

 その上で、次のようにも言及するのだ。

「7月17日の『サンデーモーニング』(TBS系)では、女装した男性がトイレに侵入するなど妄想であると、実際に発生している犯罪をないもののような妄言を展開していました。ことさらに混乱を煽るかのような番組制作がなされています。このようないい加減なデマに惑わされないように、LGBT当事者だけでなく、国民にとって安全でしっかりした指針を示すよう、国に要請したいのです」

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり【2024年6月BEST】
4
吉沢京子「芦屋夫人」を捨てた離婚と「中村勘三郎との6年愛」仰天告白/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった