政治

岸田総理“腹黒”「北朝鮮訪問」「統一教会解散」に騙されるな!(3)交渉材料は経済制裁の解除

 それでは、岸田総理はどう立ち回れば、約20年ぶりの日朝首脳会談に漕ぎつけることができるか。五味氏が続ける。

「北朝鮮が国連安保理決議に基づく制裁を受けている以上、経済支援や食糧支援はできません。例えば北朝鮮国内ではまだ収束していないコロナ関連の医薬品などが、交渉のカードになりうるでしょう。また、北朝鮮には第二次世界大戦後、広島や長崎で被爆したのちに本国に帰った、かつての在日朝鮮人の人たちもいます。かなり高齢ですが、そういう人への医療支援なども考えられそうです」

 また、国際ジャーナリストの山田敏弘氏は次のように解説する。

「今の北朝鮮は韓国とも距離を置くほど孤立しています。実は日本の立場としては、交渉再開の難易度は国際的に見て決して高くありません。それはなぜか。簡単に言えば、アメリカの注意がロシアとウクライナ、それと中国に全振りされているからです。つい最近に在韓米兵の北朝鮮国内への逃亡、というイレギュラーな事件もありましたが、北朝鮮との対話に関してはむしろ日本に任せたい、というのが本音でしょう」

 19年に現職としては初めての訪朝を実現したドナルド・トランプ前大統領とは違い、ジョー・バイデン大統領にとっては北朝鮮政策の優先順位が著しく低いというのだ。

「日本が拉致問題や、ミサイル演習などの核開発問題を争点にしたい一方で、北朝鮮側が一番に求めるのは経済制裁の解除です。そこにつながる何かを交渉の俎上に載せれば会談には応じるはず。あとは、一時は控えていた日米韓の合同軍事演習をガンガン再開しているので、その縮小も要求してくるでしょう。核開発をやめることはないので、拉致問題解決に向けてまずは相手をテーブルにつかせることが重要です」(山田氏)

 五味氏は、岸田総理の心情面から考えても、電撃訪朝に前向きな姿勢は理解できる、と語る。

「安倍元総理は日朝外交に尽力したことで評価を上げた政治家でもあります。安倍内閣の一員としてその背中を見てきた岸田総理には、訪朝と会談を果たせば、最終的に日朝首脳会談を実現できなかった安倍元総理を超えられる、という考えがあるように思えます。それに極端なことを言えば、たとえその場で拉致やミサイルの問題を解決できなかったとしても、『拉致被害者を返してくれ。ミサイルを撃たないでくれ』と発言するだけで、国内外での評価は高まり、長期政権への足がかりになるだろう、と踏んでいるはずです」

 だがもちろん、何ら進捗が見られない今の時点では、その政治的思惑は単なる絵に描いた餅にすぎない。

「正直なところ、今後1カ月が勝負になるでしょう。圧倒的なスピード感が必要となるが、それは岸田総理が苦手とするアクションでもある。旧統一教会問題一つとっても、8回目の質問権行使、という事態にでもなれば、そのままズルズルと長期化していくのは火を見るより明らかだ。そうすれば内閣の支持率も低空飛行を続け、解散総選挙に打って出ないという選択肢も検討されるでしょう」(永田町関係者)

 今回、浮上した2つの支持率アップ作戦は、岸田総理が安倍元総理に抱き続けたコンプレックスの裏返しとも言えるが、旧統一教会の被害者、拉致被害者とその家族が救われるのは事実だ。

 しかし、ウルトラCの救済策で政権が維持されるとしたら、厳しい「大増税」の波が押し寄せてくることは、明白だ。我々国民は、そのジレンマに板挟みになるほかないのだろうか。

カテゴリー: 政治   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え