スポーツ

第1次岡田政権セ・リーグ史上最大ゲーム差をひっくり返された「悪夢の分岐点」/阪神V逸の屈辱史(2)

 前回の2021年から遡ること13年。2008年にも悪夢が訪れた。岡田彰布第1次政権の、5年目のシーズンだ。投手陣はウィリアムス、藤川球児、久保田智之のJFKトリオ、下柳剛、安藤優也、岩田稔らを揃え、打線は赤星憲広、今岡誠、平野恵一、新井貴浩、鳥谷敬、金本知憲、矢野輝弘と強力だった。

 開幕から5連勝して、いきなり首位を快走。6月4日からは6連勝をマークし、6月7日には貯金が20に到達していた。7月には2位・巨人に13ゲーム差をつけ、前半戦で「優勝マジック」を点灯させる圧倒ぶり。

 ところが北京五輪に藤川、矢野、新井、オーストラリア代表としてウィリアムスを派遣したことで、状況は一変する。強行出場の新井が腰の骨折で離脱すると、得点力が低下。8月、9月と2カ月連続で5連敗するなど、ドロ沼へハマッていく。巨人の猛追を受けて、9月21日には首位に並ばれてしまうのだ。

 勝負を決したのは、10月3日のヤクルト戦だった。6回まで5対0と大量リード。先発の安藤から久保田、ウィリアムスへとつないだが、2人とも炎上する。さらに藤川も止められず、JFKが打たれて逆転負け。10月8日の巨人との直接対決にも敗れて、首位陥落と同時に巨人にマジックが点灯した。最終的に84勝57敗3分けの巨人に、逆転Vをさらわれたのだった。

 阪神は82勝59敗3分けで、2ゲーム差の2位に終わる。一時は2位に最大13ゲーム差をつけながら、セ・リーグ史上最大ゲーム差の逆転V逸となった。この結果、岡田監督は責任を取って辞任。第1次政権が幕を閉じた。

 第2次岡田政権1年目の今年も、シーズン序盤は独走していた。虎党は悪夢の記憶が脳裏によぎるが、またあの屈辱の再現を見せられてしまうのか…。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ラモス瑠偉「W杯惨敗サッカー日本代表コキ下ろし」に抗議電話15万5000件/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
2
「キスしてる?」質問にフジテレビ・井上清華が衝撃「赤面もじもじ返答」の「まさか!」
3
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
4
落合博満が「何の連絡もない」と困惑する「中日OB戦オファー事件」の舞台裏
5
岡田監督と不協和音!阪神・佐藤輝明「怒りの2軍落ち」で問題視された「試合に向かう姿勢」