芸能

遠野千夏「ピー音なしの業界裏話は絶対に口外できない」/旬のグラドル直撃インタビュー

 深夜の激ヤバ暴露番組「じっくり聞いタロウ」にレギュラーアシスタントとして長く出演。「星ソムリエ」なる資格を取った遠野千夏の「ピー音なし」なぶっちゃけ話は…。

――やあ、千夏ちゃん、久しぶり。元気してた?

千夏 はい! ありがとうございます。

――相変わらず頑張っているよね。何かの商品のプロデュースを始めたって聞いたよ。

千夏 美容液です。ずっと美容が大好きだったんですけど、すごく「いい成分」があることを聞きつけて、「コレだ!」と思って飛びつきました。芸能以外のことをやってみたいと前から考えていましたし。

――思い切ったなー。

千夏 あと、「星ソムリエ」の資格を取ったり。

――ロマンチック~。

千夏 準ソムリエと本ソムリエがあって、本ソムリエの試験は何回も落ちています。でも、準ソムリエも星ソムリエと名乗っていいそうです。

――テレビ東京の「じっくり聞いタロウ」はずいぶん長く担当。

千夏 もう6年くらい、ずっとアシスタントとしてお世話になっています。

――トーク中にもCM前にも登場するよね。

千夏 「MC席に行けるように頑張りなよ」って名倉(潤)さんに言われるんですけど、継続こそ大事だと思って「いえ、アシスタント席でいいです」とお答えしています(笑)。

――業界の裏話が「ピー」なしで耳に入ってくるから、ドキドキしちゃうでしょ。

千夏 絶対に口外できないお話が多いのでおもしろいです。

――そのほかの活動は…イベント系もやっているのかな。

千夏 撮影会は毎月「はなまる撮影会」に出させていただいています。

――先月にはイメージDVDを発売。コンスタントに出し続けられるのは、根強いファンがいる証拠だよね。撮影場所は?

千夏 タイでした。コロナ禍後、全メーカーさん合わせて、最初にタイでロケをしたのは私たちだったんです。発売は一番ではないかもしれませんけど。

――そうなんだ。ではまず、ストーリーを教えて。

千夏 パーソナルトレーナーにまんまとたぶらかされて秘め事があり、一方でおうちに来たエアコンの修理業者さんにもダマされつつ…。

――設定が細かい(笑)。

千夏 私も(プライベートで)パーソナルトレーニングするんですけど、DVD撮影中に現実のトレーニングが頭に浮かぶのがすごく嫌でした(笑)。

――そりゃそうだよねぇ。

千夏 そして、修理業者さんは2人いるんです。

――四角関係っ!?

千夏 いえ。最初にパーソナルトレーナーがあって、その後、修理業者の2人と三角関係になります。いろんな男性が交わるようなストーリーです。

――3人の男性を相手にするフリをしなくちゃいけないから、演技力が問われる。

千夏 そこまでの演技力はないかもしれませんけどね。

――じゃあ、千夏ちゃんのお気に入り衣装は?

千夏 オーガンジーのワンピースを羽織って、その中にレースのニプレスのような生地を貼って、下はキラキラの…。柔らかい雰囲気の中にも、私が好きなキラキラしたエッセンスが入っているのがお気に入りです。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
2
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
3
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
4
「青春18きっぷ」夏季用がようやく発売でも消えない「冬季販売中止」の不穏な背景
5
「山口組のキッシンジャー」が体現した哲学! ヤクザの「平和共存」は方便などではなかった