スポーツ

2014プロ野球“ワーストナイン”勝手に表彰式!(2)ちょっとのケガで休む選手が多すぎて…

20141023g

 野手陣に目を移せば、今季は主力打者の故障欠場が目立った一年だった。DeNAのブランコ(33)、中日の和田一浩(42)、ソフトバンクの本多雄一(29)はケガによる欠場が響き、規定打席に到達することができなかった。

 打率こそ2割8分~9分と悪くはなかったが、安打数を積み上げることができず、コストパフォーマンスとしてはいささか割高だったために「ワースト」入りしてしまった。こうした状況に活を入れるのは、愛甲氏だ。

「最近は、あっちが痛いこっちが痛いと言って休む選手が多すぎる。元阪神の金本知憲の爪のアカでも煎じて飲ませたいですね」

 球界の御意見番である江本孟紀氏も“戦線離脱組”には手厳しい。

「DeNAと中日がCS出場を逃し、ソフトバンクが終盤もたついた原因の一つは、彼らの欠場です。死球による骨折の和田や本多はまだしも、ブランコのような肉離れは肉体のケアにも問題があったはず。同情する必要はないでしょう。高額な年俸をもらっている選手には、144試合出場できるだけのコンディションを整えておく義務があるんです」

 同じポジションに生きのいい若手が現れ、出場機会を奪われる格好となったのがヤクルトの田中浩康(32)=年俸1億2500万円=と阪神の新井貴浩(37)=年俸2億円=だ。両者とも今季はベンチを温めることが多く、すっかり影が薄くなってしまった。江本氏は新天地への転身を勧める。

「ヤクルトはリーグ最多安打を放った山田哲人(22)を、阪神も捕手からコンバートしてそこそこ結果を出した今成亮太(27)を来季も使っていくでしょう。だったら球団も、田中ならセカンドの手薄なチームに、新井はDHのあるパ・リーグにトレードしてやったほうが経費の削減にもなるし、本人たちのためにもなると思います」

 一方で、「ワーストナイン」の常連でもある阪神の鳥谷敬(33)はやや気の毒だった。セ・リーグの遊撃手は年俸の安い選手が多く、3億円プレーヤーの鳥谷は170安打でも単価が高く出てしまった。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
2
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
3
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
4
山本舞香“浪費癖と奢られ嫌い”発言で懸念される伊藤健太郎との“貢ぎ関係”
5
春の低視聴率女優が「肉弾サービス」で巻き返す(1)石原さとみはポッテリ唇に口紅を3回も