政治

「岸田総理、習近平宛ての親書を作って!」公明党・山口那津男が中国訪問の露骨な「スリ寄り作戦」

 なんともあからさまな「おねだり」である。

 公明党の山口那津男代表は8月9日に岸田文雄総理と会談した際、「8月28日から中国を訪問するので、習近平国家主席宛ての親書を作成してほしい」と依頼したのだ。会談後に山口氏が自ら明らかにしたもので、公然と親書作成を要請するのは異例のことだ。

 公明党関係者によれば、訪中は決まったものの、誰と会談するかが未定なのだという。山口氏とすれば、コロナで中断していた訪中の再開だけに、トップの習主席と会談したい。首相の親書を携えているといえば中国側も配慮してくれるだろう、との計算があるのだ。

 山口氏が親書を持参するとなれば、今回が初めてではない。安倍晋三政権下でも毎年のように訪中していたが、安倍首相の親書をもらい、それを習主席に手渡していた。2015年の訪中では、習主席との面会時間はわずか1分だったが、アジアの政党代表者の中で「最も長い時間」を確保できたと、胸を張っていた。

 公明党は1972年の日中国交正常化の地ならしを行った自負があり、親中派を自認している。ただ、山口氏はその親中ぶりが度を越しており、中国が反発する福島第一原発の処理水の海洋放出について、海水浴シーズンは避けた方がいいと忖度発言。与党内からも批判を浴びた。

 山口氏が訪中するタイミングは、「夏頃」とする処理水の放出と重なる可能性もある。与党の一員として、日本の方針をきちんと説明する責務が、山口氏にはあろう。それをわかっているのかどうか…。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
4
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」