社会

【戦慄の報告書】新発見!なんと「24の瞳」を持つ地球上最強クラスの猛毒クラゲがいた

 お盆の時期が過ぎ、いよいよ土用波が立つようになってきた。土用波とは、台風の影響で波が通常の2~3倍の大きさになり、海岸に打ち寄せた波が沖に戻ろうとする際、離岸流が発生しやすくなるものを言う。これが、昔からよく言わる「お盆に海へ入ると足を引っ張られる」という言い伝えの要因ではないかとされている。

 もうひとつ、土用波が立ったら海に入るな、と言われる理由が、クラゲの大量発生だ。通常、クラゲは沖合に存在するが、土用波の時期になると、強い波の影響で波打ち際までやってくる。中には毒を持つ種類もおり、この時期なると決まって、全国でクラゲに刺される被害が続出するというわけなのだ。

 クラゲの中でも特に毒性が強い仲間が多いのが、箱のような傘を持つハコクラゲ。このグループに属する「キロネックス」「キロデクテス・マクラツス」などは、地球上最強クラスの毒を持っており、刺されたら数分で心停止、死に至ることもある。

 そんな猛毒ハコクラゲで、しかも24もの目を持つ新種が、香港有数の観光地として知られるマイポ自然保護区の湿地で発見されている。香港在住のジャーナリストが語る。

「マイポ自然保護区は、香港の中心街から北西に車で1時間ほどにある湿地帯。マングローブと水生植物が繁茂し、バードウオッチングの名所としても知られる自然豊かな景勝地です。発見したのは香港浸会大学(HKBU)生物学科に所属する研究チームで、同チームがエビや魚の養殖に使用される水域からクラゲのサンプルを収集したところ、体長1.5センチ程度の新種ハコクラゲが見つかった。毒性を持つこともさながら、目が24個もあるとして、大きな話題になっているのです」

 事実、クラゲには15~16個の目を持つ種類がいる。理由は海中で360度の視野を確保するためではないかと言われているが、さすがに『24の瞳』を持つクラゲ発見には、世界の海洋生物学者らもビックリ。

 このクラゲはマイポ自然保護区にちなんで「トリペダリア・マイポネンシス」と名付けられ、「トゥエンティフォーアイズ」というかわいらしい愛称で呼ばれているという。ただし、ちょっと触れただけでも全身に猛毒が回り、ヘタをすれば命を奪われかねない。研究者たちも、その扱いには慎重を期しているようだ。

(ジョン・ドゥ)

カテゴリー: 社会   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【CNNも報道】想像上の生物が実際に目撃されて大騒動に!アメリカに出没する「ミシガン・ドッグマン」の映像分析
2
西武「史上最速で自力V消滅」「借金20でアウト」松井稼頭央監督と平石洋介ヘッドコーチ「セットで退場」Xデー
3
「ちょっと待って」と視聴者!由美かおる73歳の短すぎるスカートが真っ昼間にさく裂で「これ、ひざ上何センチ?」
4
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから
5
テレ朝・斎藤ちはるがラグビー日本体表・姫野和樹とカメラも気にせず寄り添って…