スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「シャザーンの臨戦態勢整った」

 中央場所に戻り、秋開催になって2週目。早いものでクラシック第3弾、菊花賞と秋華賞のトライアルレースが東西で行われる。

 中山が菊花賞の前哨戦、伝統のセントライト記念で、阪神は秋華賞のそれ。ともに3着馬まで本番の優先出走権が与えられる。

 来週行われる神戸新聞杯の距離が2000メートルから2400メートルに改められた07年以降は、そちらにより前評判の高い馬が集うようになり、セントライト記念は少々、その価値を下げた印象はぬぐえない。が、それでもキタサンブラック(15年)や昨年2着のアスクビクターモアなど、ここで勝ち負けして菊花賞を制した馬は少なからず出ている。

 とにもかくにも本番を控えて目の離せない重要な前哨戦であることは確かだ。 実際、皐月賞を完勝し、ダービーは2着惜敗だったソールオリエンスが出走してくる。父のキタサンブラックがこのレースを制したことを思うと、順当ならあっさり‥‥そう見られて当然だ。

 ダービー以来3カ月半ぶりの実戦になるだけに、多少は余裕残しの状態ではあるが、本番を見据えて下手な競馬はできるわけがなく、しっかりと抜かりなく調整を進められてきた。なので、よもやの敗北は、まず考えにくい。

 そもそもこのレースは、過去のデータからも比較的順当に収まっていることがわかる。

 02年に馬単が導入されて以降、これまでの21年間、その馬単による万馬券は6回(馬連は3回)。この間、1番人気馬は6勝(2着7回)、2番人気馬は3勝(2着5回)。一見、中穴傾向の重賞に思えるが、1、2番人気馬によるワンツー決着は5回もあり、今回のような〝絶対視〟できるような馬が出走してきた際は、堅く収まりやすいとみるべきだろう。 とはいえ当方としては、ハイそうですか、とうなずくわけにはいかない。

 前述したように〝最有力馬〟は余裕残しの状態。ならば脚を余して‥‥というシーンも十分考えられる。

 そんな足をすくう馬として、シャザーンの一発を狙ってみたい。

 こちらもダービー9着以来の実戦になるが、放牧で充電。リフレッシュされ、ここを目標に実にいい感じに仕上がっている。1週前の追い切りもリズミカルだった。

「皐月賞(6着)は道悪で力を出せず。ダービーも他馬に絡まれてスムーズな競馬ができなかった。疲れも取れて、臨戦態勢はきっちり整っている」

 友道調教師はこう巻き返しを誓う。

 母クイーンズリングは、エリザベス女王杯の勝ち馬で、17年の有馬記念では、キタサンブラックの2着に好走した馬。ここは好勝負必至とみた。

 一方のローズSも、ここにきて急成長した馬が多数参戦。馬券的にもおもしろそうだが、イチオシしたいのは、イトカワサクラだ。

 函館での1勝クラスを勝ち上がったばかりだが、デビュー戦を飾ったその後の2戦目で、フローラS(オークストライアル)に挑み、勝ち馬とコンマ7秒差の6着に頑張ったほど。能力は間違いなく高い。

 前走後はここを目標にしっかりと調整されており、厩舎スタッフは「まだまだよくなっていい馬。ノビシロは十分」と口をそろえている。

 3代母のヴァージニアウォーターズは、英1000ギニー(桜花賞に相当)の勝ち馬。強烈な末脚が身上で、チャンス十分とみた。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】