スポーツ

岡田彰布監督のニヤニヤが止まらない「阪神ドラフト攪乱戦法」大成功の舞台裏

 したり声と高らかな笑いが、ドラフト会議会場「グランドプリンスホテル新高輪」の通路に響いた。声の主は出席者の阪神タイガース、岡田彰布監督である。阪神は10月26日のドラフトで、青山学院大・下村海翔投手の一本釣りに成功して、指名権を獲得。指揮官は、

「他球団の動向はだいたい、思った通り。相手の出方を見てズバリ、ハマッた。100点でええよ。予定通り獲れたよな、おーん」

 とニヤニヤが止まらない。

 ドラフト前は1位指名の非公表化を訴えて「わかってたらおもろない」と、他球団にも「公表禁止」を提言するなど、撹乱戦法を繰り広げた。10月22日には、

「(1位指名は)どっちみち関西やから、ドラフトは。あっ…」

 と口をふさぐ意味深発言を展開。他球団を牽制して、駆け引きに走った。その結果が一本釣りへとつながり、ドヤ顔の得意満面だったのである。スポーツライターが言う。

「阪神はシナリオ通りの、会心のドラフトとなりましたね。クジ引きなしで獲れた下村はコントロール抜群で、西勇輝のようなクレバーな投球をするタイプ。広い甲子園球場を本拠地にできるので、大胆にインサイドを攻めることで、大成しそうです。2位では四国アイランドリーグ『徳島インディゴソックス』の実力派投手、椎葉剛を獲得できました。こちらはパワーピッチャーで、藤川球児のようなクローザーになれるポテンシャルを持っています」

 4位では注目のスラッガー、東海大熊本星翔高校の百崎蒼生を指名した。スポーツライターが続けて解説する。

「北條史也、山本泰寛をクビにして右打者の内野手が不足していたところだったので、将来性にあふれる百崎を獲れたことは、価値ある補強となりました。ファームの試合にたくさん出場させ、経験を積ませる算段のようです」

 全てがうまくいった岡田タイガース。その舞台裏ではスカウトが何度も、握手で岡田監督に労われていた。この勢いで、10月28日に開幕する日本シリーズも連勝街道といくか。

(田中実)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
4
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え
5
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…