スポーツ

中田翔「自ら自由契約を選択」で中日が獲得調査もネックは「立浪和義監督との10年前の衝突」

 巨人からFA権を行使するとみられていた中田翔は11月14日、宣言せずに沈黙を守ったが、深夜になって契約見直しが可能な「オプトアウト権」を行使したことが判明した。

 中田は3年契約の1年目だったが、オプトアウト権は残りの契約を破棄できる権利。出場機会を求めて自由契約の身となり、来シーズンの所属先を探すことになる。

 阿部慎之助監督体制が始まる中で、中田の居場所は失われていた。

「岡本和真、坂本勇人、秋広優人など、守れるポジションにはレギュラー選手がゴロゴロいて、代打枠でしか活躍の場はありません。中田はまだまだレギュラー選手としてやりたい思いが強く、年俸が下がってでもスタメンでプレーできる場所を探していました。FA宣言したとしても推定年俸3億円がネックになるなど、自身の条件に合う球団が見つからないたため、やむを得ずオプトアウトしたものとみられます」(球団関係者)

 15日未明には早くも、中日が獲得調査をする、との報道も飛び出した。立浪和義監督にとっては大きな戦力補強となるだけに、なんとしても仕留めたいが、活躍できる公算はあるのか。

「昭和の野球を推進する立浪監督との考えはある程度、合うでしょう。心配なのは2013年に侍ジャパンに選ばれた時、宮崎の代表合宿期間中に、当時打撃コーチだった立浪監督が無理やり打撃フォーム改造に着手しようとしたこと。日本ハムのレギュラーだった中田は、激しく反応したといいます」(スポーツ紙デスク)

 わだかまりが10年後、変な形で響かなければいいが。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり【2024年6月BEST】
4
吉沢京子「芦屋夫人」を捨てた離婚と「中村勘三郎との6年愛」仰天告白/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった