スポーツ

楽天球団「身売り説」再び!乏しい戦力でも補強の余裕なし…安楽智大の「パワハラ騒動」が拍車をかける

 一時は沈静化していた楽天球団の身売り説が再び、まことしやかに囁かれ始めている。スポーツ紙プロ野球担当デスクが声を潜めて言う。

「楽天本体の三木谷浩史会長が、プロ野球球団の経営に興味を失っているようなのです」

 原因はいくつかある。まずは楽天球団が今後、飛躍的に強くなる見込みに欠けていること。楽天グループは今年8月1日に決算会見を行い、2023年1月から6月までの連結決算が1399億円の最終赤字だったことを公表。期待していた楽天モバイルの契約件数が伸び悩んでいることに加え、2024年間からの3年間で1兆円規模の社債の返還が迫っている。現在、楽天球団自体は若干の黒字にはなっているが、今後、ソフトバンクのような高額な補強費を支払うまでの余裕はない。スポーツ紙遊軍記者は、楽天球団の今後を次のように推察する。

「今の戦力では、優勝争いは無理。費用がかさむFA戦線にも参加しないようだし、バウアーのような大物外国人を獲得できる余裕もないですからね。よほど若手が育たなければ、万年Bクラスの可能性大です」

 さらに追い討ちをかけているのが、サッカーJ1神戸の初優勝だ。三木谷会長は元々、大のサッカーファンで、どちらかといえば楽天球団よりもヴィッセル神戸に入れ込んでいた。その神戸の優勝で、さらにサッカーへの思い入れは強くなったことだろう。在阪スポーツ紙サッカー担当記者も、

「三木谷会長は、神戸の優勝が決まって選手から胴上げされたことをすごく喜んでいた。満面の笑みでしたからね」

 その上、かつてのドラフト1位投手・安楽智大の「パワハラ騒動」が拍車をかけている。一流の経営者で、政財界にも顔が利く三木谷会長だけに、コンプライアンスを重視していることは間違いない。パワハラで世間を騒がすなど、もってのほかだろう。

 優勝し、日本一になれば観客動員が増え、収益は上がる。妙なウワサを封印するためにも、楽天ナインの来季の奮起が期待されるところだが…。

(阿部勝彦)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」