社会

三橋貴明の「列島丸わかり」報告書 ー“天使の公約”は日本を確実に反映に導くものだが…ー

20150115z

 前回、総選挙における自民党の公約を見るかぎり、第3次安倍内閣は「いい方向」にも「悪い方向」にも舵を切れることを解説した。

 実に296にも及ぶ自民党の公約の中で、特に驚いたのは、

「パートタイム労働者、契約社員、派遣労働者等の雇用形態で働いていて、正規雇用への転換を希望する方々のキャリアアップ等を図り、正規雇用への転換を果断に進めます」

 というもの。「正社員実現加速プロジェクト」の推進が、堂々と掲げられていた点だ。何しろ、第2次安倍政権は秋の臨時国会で、労働者派遣法の改正案を審議入りさせた内閣だ。

 これまで企業は一部の専門業務を除き、同一職場に派遣社員を雇用する場合、最大3年という規制を受けていた。改正案は、企業側が「人(派遣労働者)」を変えれば3年を超えて同一職場で派遣社員を受け入れることを可能にするものだ。

 つまり無制限に「派遣社員に任せて構わない」という主旨の労働者派遣法改正案を推進していた自民党政権が、いきなり「正規社員実現加速プロジェクト」の推進を公約に載せてきたわけである。あるいは社会インフラの整備関連の公約にも驚いた。

 公共投資について、安定的・持続的な見通しを持ち、計画的に実施する改正品確法にのっとり、特に若年層の人材が枯渇しつつある建設産業において「新たな担い手」を育成する。国土強靭化、災害対策、インフラ老朽化対策を実施し、国民の安全・安心を確保する。

 同時に生産性向上を実現すると、現在の日本にとって「完璧」と言えるすばらしい政策が、自民党の公約に掲載されていたのだ。

 あらためて書くまでもないが、我が国は世界屈指の自然災害大国だ。国土面積は、世界のわずか0.25%に過ぎないのだが、マグニチュード6以上の大地震の2割は我が国で起きている。さらに、台風が襲来し、雨期(梅雨)もある。豪雨になると、水害、土砂災害が多発する。国土が細長く、中央に脊梁山脈がそびえており、大量の河川で国土が分断されている。

 日本国で国民が安全に、安心して暮らしていくためには、政府が公共投資を実施し、社会インフラを整備するしかないのだ。

 さらに、生産年齢人口対総人口比率が低下していっている我が国にとって、国民の生産性の向上は必須課題だ。生産性向上のためには、もちろん企業が設備投資を実施し、人材投資を拡大しなければならない。とはいえ、前提として、政府が公共投資で「生産性を高めやすい環境」を構築する必要があるのである。

 自民党の公約の一部は、我が国を確実に繁栄に導く「天使の公約」だ。

 政府が必要な支出、投資を実施し、国民の安全を守ると同時に、生産性向上のための基盤を築く。労働規制はむしろ強化し、非正規雇用の正規社員化を図る。建設サービスなど、人手不足の業界に若年層労働者を呼び込み、現役世代からの技術継承を行う。

 すばらしい!

 若者の雇用が安定化し、実質賃金が上昇に転じれば、少子化の問題もいずれは解決するだろう。

 問題は、「全部乗せ」であった自民党の公約には「天使の公約」と同時に「悪魔の公約」も盛り込まれていたという点である。

(次回へつづく)

◆プロフィール 三橋貴明(みつはし・たかあき) 日本IBMなどを経て08年に中小企業診断士として独立。ブログ「新世紀のビッグブラザーへ」は約100万件中、総合1位(14年5月現在)。単行本執筆、各種メディアへの出演、全国各地での講演などに活躍している。

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え