芸能

「たけし金言集」“長きにわたり売れ続けている俺”的発言

20150226w

 3年程前、旧赤坂プリンスホテル跡地前を車で通過する際、ほろ酔いだった殿は、解体作業が進む赤プリを見て、弟子にしみじみとこう漏らしました。

「赤プリはなくなったけど、俺はまだ売れてるな~。どうだ、大したもんだろ」

 漫才コンビ・ツービートの“よく喋る小さい方”として80年代前半、突如としてテレビに現れた殿は、その後、浮き沈みの激しい芸能界において、いつの間にやら日本の誰もが知っている“お茶の間の顔”となりました。あれからすでに30数年が経ちます。今日まで、事件と事故での謹慎&静養期間のインターバルを除けば、長きにわたり、レギュラー番組が週6本を下回ることのない状態を常にキープし、25年程前から始めた映画監督業でも、ほぼ1年半に1本のペースでコンスタントに作品を制作し続け、現在までに17本の映画を発表しています。芸能という世界において、殿の横綱相撲っぷりは、間違いなく過去に例のないタレントであると、つくづく思うのです。

 だからか、以前、日本球界からメジャーの人気球団へ“ちょっとありえない年俸”による超大型契約で入団が決まった、ある野球選手の入団会見を見ていた時、殿はポツリと、

「俺も毎年結構な大型契約だけどな」

 と、自身の“稼ぎっぷり”について、冗談混じりにおっしゃられていたことがありました。確かに!

 さらに以前、酒席でも、

「『スーパージョッキー』やってた時は、毎週アイドルなんかがやってきて、デビューしてったけどよ。今残っているやつなんて誰もいねーな。みんなどっかいっちゃったよ。しかし俺はしぶといな」

 と、改めて“芸能界で生き残ることの過酷さ”について指摘されていたこともありました。

 で、この手の殿の“長きにわたり売れ続けている俺”的発言の中で、殿から何度か聞かされた、わたくしが大好きなお言葉もどうぞ。

「俺がテレビに出だした時なんてのは、お笑いなんてこの世界で一番扱いが低かったんだから。歌手が一番偉くて、その次が役者だよ。その下に何やってんだかよくわからねータレントなんかがいてよ、お笑いはさらにその下だよ。それが萩本さんがドカンと売れて、お笑いの扱いがよくなってよ。その後に俺やさんまなんかが出てきてじゃんじゃん自分の番組を持つようになって、一気にひっくり返したんだから。昔は歌手がお笑いの楽屋に挨拶に来るなんて考えられなかったんだぞ」

 そんな、“かつて例のない売れ続けぶり”をいまだ爆進中の殿が3年程前の年末、

「しかし今年は異常な忙しさだったな。今あれだな。ビートたけし第四期黄金時代だな」

 と、自身の1年を振りかえっていたことがありました。この言葉を聞いたわたくしは即座に、〈第四期って! ずーっと売れ続けてるじゃないですか。僕らには境目がわかりませんよ!〉と、心の中で静かにツッコんだのでした。

◆プロフィール アル北郷(ある・きたごう) 95年、ビートたけしに弟子入り。08年、「アキレスと亀」にて「東スポ映画大賞新人賞」受賞。現在、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」ブレーンなど多方面で活躍中。本連載の単行本「たけし金言集~あるいは資料として現代北野武秘語録」も絶賛発売中!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「太川陽介が芸人に怒り爆発」「河合郁人に予想外の波乱」冬の東北で展開される大バトルの勝敗
2
因縁の「ミュージックステーション」で…「平野紫耀CM待ち」放送前後の天国と地獄
3
GACKTが元メンバーの墓参りで「供えたもの」に寄せられた称賛の嵐
4
合格率たった4%の名門スタンフォード大学に入る佐々木麟太郎「合格基準」に「大谷翔平と菊池雄星」
5
「大人の発達障害」のダークサイド…「カサンドラ症候群」に苦しみ離婚した女性の沈痛告白