芸能

高身長に悩む新垣結衣、ジャニーズからの「共演NG」が大歓迎な理由とは?

20150226aragaki

 女優の新垣結衣(26)が、伸び続ける身長に悩んでいるという。一昨年、公式ツイッターで169センチと明かしていたガッキーだが、2月20日に出演した「あさイチ」(NHK総合)では、整体に通ったこともあって、1年で1センチずつ身長が伸びたと告白。171センチに達した計算になる。

「10代の頃は公称167センチだったガッキーですが、実際には170センチを超えているともっぱらの噂でした。ティーン誌のモデルとしてデビューした彼女も、現在は高身長が活かせるモデルではなく女優として活動しているため、背が高いことはプラスにはなりません。当の本人も成長が止まらないことに相当悩んでいたようです」(芸能ライター)

 2007年に出演したドラマ「パパとムスメの7日間」で、父親役の舘ひろしと並んだ写真で、ほとんど背丈が変わらないことが話題になったことも。ローファーを履いた新垣が181センチの舘とほぼ肩を並んでいるように見えたため、「ガッキー180センチ説」という都市伝説まで生まれる始末だった。

 そこで気になるのが男性タレントとの共演だ。ジャニーズをはじめ、主演クラスの俳優を抱える事務所の中には、背の高い女優との共演にNGを出すところもあるという。

「ジャニーズの主演クラスには背の高いメンバーが少なく、共演する女優にはハイヒールを履かせないという噂があります。身長170センチの天海祐希など長身の女優はすでに共演NGとも言われています」(前出・芸能ライター)

 近年の当たり役だったドラマ「リーガルハイ」(フジテレビ系)では、KAT-TUNの田口淳之介と共演していたが、田口は183センチとジャニーズでは珍しい長身メンバー。また、一昨年に主演を務めたドラマ「空飛ぶ広報室」(TBS系)には、ジャニーズのメンバーは出演していない。余談だが同ドラマで共演した綾野剛はこれまた180センチと長身だ。

 ジャニーズの主役級メンバーとの共演となると、2011年のドラマ「全開ガール」での錦戸亮までさかのぼる。その錦戸は身長170センチとガッキーと横並び。しかも錦戸とは“通い婚”と騒がれた過去もあり、今後の共演はまずありえないだろう。ただ、ジャニーズとの共演NGは、所属事務所としてはむしろ歓迎との声もある。

「なにしろ錦戸との“通い婚”騒動では相当、ジャニオタから叩かれましたからね。年齢的にも結婚が話題になってくる時期ですし、ジャニーズとの接点がないことで『共演者と熱愛』といった報道に悩まされることもありませんから」(前出・芸能ライター)

 高身長が、余計な騒動を寄せ付けない原因になるのであれば、案外悪くはないのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
3
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
4
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性