芸能

2015最新調査!人気美女アナの“本性”を徹底分析!(4)何でも来い状態なテレ東・狩野アナ

20150305k

 大江麻理子アナ(36)の後任として「モヤモヤさまぁ~ず2」でレギュラーを務め、さまぁ~ずに“開発”され続けている狩野恵里アナ(28)もその一人。食レポでは、バット状の太いチョコを食べさせられたり、ヨガ道場ではショートパンツ姿で180度の開脚を披露。従順すぎるがゆえに、別の番組でも“癖”が抜けなくなっていると、織田氏は指摘する。

「横浜DeNAベイスターズの三浦大輔の自主トレの山登りに同行し、汗と鼻水をダラダラ垂らして必死に歩く狩野アナの姿を見た三浦が『まだウオーミングアップにすぎないから』とS発言で叱咤。すると、なぜかうれしそうな表情を見せていました」

 先輩の松丸友紀アナ(33)に至っては、生っ粋の「イジられ体質」のようだ。丸山氏が語る。

「バラエティ番組では、顔にマジックで落書きをされたり、変顔を要求されて女子アナ扱いされないのですが、嫌がるどころか生き生きしている。性癖について聞かれた際には、『どちらかといえば、ドMです』と正直に告白してしまった」

 見た目どおりの童顔で、Mに仕分けできるのは、抜群のプロポーションを武器に、お天気キャスターなどで活躍する美馬怜子(30)。

 映画や音楽を紹介する「青山アンテナ246」(東京MXテレビ)では、「謎の男」として声だけで出演する相手から、毎回のように言葉責めを受けている。

 美馬が話しかけると、「あんたの話は聞いていない」「勝手にやってくれ」などと冷たく突き放されるのだが、その時の泣き笑いの表情が視聴者のS心をくすぐるという。

「それでも美馬さんはただの受け身ではない。どことなく卑猥な連想をさせるワードを、あえて口にしたうえで怒られるのが好きで、『キノコの形が好き!』と答えた時には、即座に『エロいです』と突っ込まれて満足そうでした」(織田氏)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
4
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ
5
本田真凜、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!