芸能

2015最新調査!人気美女アナの“本性”を徹底分析!(4)何でも来い状態なテレ東・狩野アナ

20150305k

 大江麻理子アナ(36)の後任として「モヤモヤさまぁ~ず2」でレギュラーを務め、さまぁ~ずに“開発”され続けている狩野恵里アナ(28)もその一人。食レポでは、バット状の太いチョコを食べさせられたり、ヨガ道場ではショートパンツ姿で180度の開脚を披露。従順すぎるがゆえに、別の番組でも“癖”が抜けなくなっていると、織田氏は指摘する。

「横浜DeNAベイスターズの三浦大輔の自主トレの山登りに同行し、汗と鼻水をダラダラ垂らして必死に歩く狩野アナの姿を見た三浦が『まだウオーミングアップにすぎないから』とS発言で叱咤。すると、なぜかうれしそうな表情を見せていました」

 先輩の松丸友紀アナ(33)に至っては、生っ粋の「イジられ体質」のようだ。丸山氏が語る。

「バラエティ番組では、顔にマジックで落書きをされたり、変顔を要求されて女子アナ扱いされないのですが、嫌がるどころか生き生きしている。性癖について聞かれた際には、『どちらかといえば、ドMです』と正直に告白してしまった」

 見た目どおりの童顔で、Mに仕分けできるのは、抜群のプロポーションを武器に、お天気キャスターなどで活躍する美馬怜子(30)。

 映画や音楽を紹介する「青山アンテナ246」(東京MXテレビ)では、「謎の男」として声だけで出演する相手から、毎回のように言葉責めを受けている。

 美馬が話しかけると、「あんたの話は聞いていない」「勝手にやってくれ」などと冷たく突き放されるのだが、その時の泣き笑いの表情が視聴者のS心をくすぐるという。

「それでも美馬さんはただの受け身ではない。どことなく卑猥な連想をさせるワードを、あえて口にしたうえで怒られるのが好きで、『キノコの形が好き!』と答えた時には、即座に『エロいです』と突っ込まれて満足そうでした」(織田氏)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川藤幸三が阪神×ヤクルト戦解説「実況アナをブチ切れ恫喝」に退場勧告
2
ベルーナドームは過酷すぎる…西武「札幌移転」再燃で「ゼロからチームを作り直せ」ファンの懇願
3
救急車出動!広島マツダスタジアム「球場観戦離れ」が進む「地獄のデーゲーム」
4
西武が狙う「3度目の駆け込みトレード」高レベルの投手をヤクルトに放出して打てる野手を…
5
大宮アルディージャから「バロンドール」候補入りか!J3独走でアンチだらけのFW杉本健勇がついに覚醒