社会

エコノミスト・門倉貴史「オヤジの裏テク錬金手帳」~「宝くじ」なんて当たるハズもないと思い込んでいませんか?~

20150312dd

 今回はオヤジたちの夢とロマン「宝くじ(普通宝くじ)」について。どうすれば当せん金をゲットできるか? その必勝法を考えてみよう。

 宝くじの1等賞は1ユニット(1000万枚)当たり1枚なので、10枚買っても1等を当てる統計的な確率はわずか100万分の1にすぎない。確率論からいえば購入しないほうが損をしなくて済むのだが、それでもオヤジたちは大きな夢を抱いて宝くじを買い続けるのである。

 まず、どのような人が宝くじを当てやすいのか、そのプロフィールを見ておこう。みずほ銀行「宝くじ長者白書(13年度版)」によると、1000万円以上の高額当選者のデータ(860人)から割り出した当せん者の人物像は次のとおり。

 男性の場合、年齢は60歳以上、購入歴は10年以上、購入枚数は30枚、イニシャルは名前・姓で「H.K」。星座は水瓶座の会社員である。

 このプロフィールにぴたりと一致するオヤジがいたら、幸運が近づいているシグナルかもしれないので、試しに宝くじを買ってみてはどうか。

 もう一つ、宝くじを当てる確率を高める、とっておきの方法を紹介しておこう。これは、米国のコーネル大学の研究によって証明された予知能力を高める方法だ。研究結果によると、人間の予知能力はエロティックな刺激によって高まるというのだ。実験は、次のような手順で行われた。

 まず2つのスクリーンを用意し、それぞれのスクリーンをカーテンで覆い隠す。そして、一方のスクリーンにはエロティックな写真の映像を、もう一方のスクリーンには何もない無地の映像が出るようにする。2つのスクリーンのどちらにエロティックな写真が出るかは、あらかじめコンピュータによって、ランダムになるようくふうされている。実験で使用したエロティックな写真は、暴力的ではなく合意のうえで、あからさまにセクシャルな行為をしている男女の映像だ。

 被験者は、カーテンで隠されている2つのスクリーンのうちのどちら側にエロティックな写真が隠れているかを当てていく。実験の時間は20分、36回繰り返して行う。統計的に考えると、被験者がエロティックな写真を当てる確率は50%に落ち着くはずだ。

 しかしながら、実験の結果、被験者がエロティックな写真を当てる確率は53.1%! 50%を上回っていたのである。

 結果は50%を若干上回った程度なので、感覚的には「予知能力と呼べるほどのものではないのでは?」と思ってしまうが、偶発的なものなのか必然的なものなのかを確認する統計的な検定を行ってみると、この確率数字は偶然とは言えない意味のある数字だった。

 だから、宝くじで1等賞を当てようと思い立ったら、とりあえず手元にあるエロ本をガン見して、エロティックな刺激で気分を高揚させてから売り場に足を運ぶのが効果的と言える。

 最後に、どんなことがあっても常に平常心を保てるよう心の準備をしておくことも忘れないように。宝くじに当たったことが原因でそのあとに思わぬ不幸に見舞われるリスクがあるからだ。米国で87年11月に77歳男性が、宝くじの賞金550万ドルを受け取った4時間後に心臓発作で死亡するという事件が起きている。高齢者の場合、高額の宝くじに当せんすると、ショックのあまり心臓発作を起こすケースが少なくないからである。

◆プロフィール 門倉貴史(かどくら・たかし) 71年生まれ。95年慶應大学経済学部卒業後、銀行系シンクタンク入社以来、エコノミスト畑を歩む。現在、BRICs経済研究所代表。専門は先進・新興国経済、地下経済、労働経済学、行動経済学と多岐にわたる。

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
2
まさかお払い箱に!松本人志、「浜田は何も考えてない!」爆弾発言の“深意”
3
「お前は70%くらいの選手だな」駒田徳広、王監督“忘れられぬ発言”を動画回顧!
4
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
5
浜田雅功も絶句!ゆきぽよ、親密男性の薬物逮捕報道で注目された“炙り映像”