芸能

今さら聞けない「セカオワ」入門(1)ピエロは2代目、しかも普通にしゃべる!?

20150309sekaowa_a

 若者から絶大な支持を受ける4人組バンド「SEKAI NO OWARI」(通称セカオワ)をご存じだろうか。昨年末の紅白歌合戦では“ドラゲナイ”こと『Dragon Night』を披露。ボーカルのFukaseがトランシーバーをマイク代わりに持ち、その背後ではピエロ姿のDJ LOVEが踊っているのが目につくポイントだ。

「セカオワは2011年にメジャーデビューし、その3カ月後には早くも日本武道館を満員にしています。生と死、希望と絶望といった重くるしい内容の歌詞をポップなメロディに乗せて歌うのが持ち味で、特に10代から絶大な支持を受けています」(音楽ライター)

 いまや絶大な人気を誇るセカオワだが、ブームに乗り遅れた諸兄も多いことだろう。世間の話題についていくために、今さら聞けないいくつかの基本情報を押さえておきたい。

・もともとは「世界の終わり」だった

 結成当時は「世界の終わり」表記だったのを、2011年に現在のローマ字表記に改めている。海外では最初「End Of The World」名義で活動していたが、同名のバンドがすでにいたため、現在は海外でも「SEKAI NO OWARI」を名乗っている。

・メンバーは4人で小中学校の同級生が中心

 メンバーはボーカル・ギターのFukase、ギターのNakajin、ピアノのSaori、そしてDJ担当のDJ LOVE。彼らは小中学校が一緒で、紅一点のSaoriだけが1年後輩にあたる。かなりの美人だがアイドルやモデル出身ではなく、なんと音大卒。ピアノの腕前は本物なのだ。

・あのピエロは普通にしゃべる

 DJ LOVEはキャラクター的に無言を通していると思われがちだが、ステージではコーラスを歌うほか、テレビ出演時にはごく普通にしゃべっている。本人曰く「普通の人間、世間一般の男性です」とのことだ。ちなみに現在のDJ LOVEは2代目。デビュー前に脱退した初代が人前に顔を出したくないという理由でピエロのマスクを被っており、その設定を引き継いだ形だ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
2
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身
3
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
4
石毛宏典が放った“落合博満監督はなぜ大打者を作れなかったのか?”大疑問
5
芦田愛菜、「難関私立中」複数合格の「神童」女優が今抱く“野望”とは?