芸能

テリー伊藤対談「彦摩呂」(1)食レポのプロとしてダイエットを決意

20150326l

●ゲスト:彦摩呂(ひこまろ) 1966年生まれ、大阪府出身。「幕末塾」結成後、秋元康プロデュースでメジャーデビューした。その後は俳優としても活躍。同時に、情報番組のリポーターやバラエティ番組にも出演。特に食方面での突出した表現力で人気に火がつき、現在では日本を代表するグルメリポーターとして活躍を続けている。

 美食の国・ニッポンで、グルメの感動を熱く笑えるコメントでお茶の間に伝えてきた彦摩呂。気がつけば体重は3桁という記録を叩き出していたが、ある方法で大幅な減量に成功したという。“10億円産業”とも噂された「ダイエット計画」や「食」にかける思いの丈を、天才テリーの前で朗らかに語ってくれた!

テリー 彦摩呂さん、3カ月で21キロも落としたって聞いたんだけど。今は何キロになったの?

彦摩呂 やっと2桁になりまして、今の時点で99キロなんです。

テリー ということは、120キロあったと。

彦摩呂 はい。100から99キロになるところに「壁」があるんでしょうね。その1キロが減るのに、2週間ぐらいかかりました。

テリー 身長は?

彦摩呂 170センチ。

テリー 170で120。

彦摩呂 見た目はほぼ「球体」になってました(笑)。

テリー 当時の体形だと、どんな生活だったんですか。

彦摩呂 僕はトイプードルを飼っているので、よく散歩に行くんですね。そうすると、犬が心配して、ちょくちょくこっちを振り向くんですよ。たぶん息が上がって、ハアハアいってたからなんでしょうね(笑)。

テリー ハハハ。

彦摩呂 それから、前はタクシーに乗ると、すぐに窓が曇ってました。あと靴ヒモをしゃがんで結び直すことができない。

テリー 本当にできないの? 想像つかないな。

彦摩呂 おなかにバランスボールを入れていると考えてください。そのまましゃがむと、「グン」とおなかでバウンドするんです。

テリー あ、なるほど。

彦摩呂 今はすんなりしゃがめるようになりました。

テリー 体への負担は軽くなったよね。

彦摩呂 そうですね。グルメリポーターで訪ねるお店が、たまにエレベーターがなかったりするんですね。

テリー ああ、あるよね。2階とか3階に、階段で上がるお店。

彦摩呂 すると「ハアハアハア、着きました‥‥」となって、インタビューがすぐにできない。それぐらい体が重かったですね。

テリー 本格的に痩せようと思ったきっかけは?

彦摩呂 実は自分では、そんなに気にしてなかったんですよ。

テリー 確かに彦摩呂さんは、太っていることに対して前向きというか、明るいイメージがあるな。

彦摩呂 はい。ただ、自分のブログのファンの方や、視聴者の方々の声があったんですよね。

テリー というと?

彦摩呂 「彦摩呂を見ていると、体が心配でグルメや味どころじゃありません」という。

テリー ああ、落ち着いて見ることができないと。

彦摩呂 自分ではデブを楽しんでるところもあったんです。芸能界のデブ仲間と肉の会をやったり。

テリー 例えば誰ですか。

彦摩呂 石塚(英彦)さん、内山(信二)君、ドロンズ石本、タイムマシーン3号の関(太)とか。あとは年に1回、ウガンダさんを偲ぶ会で、「カレーを飲む会」っていうのがあるんですよ。

テリー ハハハ。「カレーを飲む」って、どういうこと?

彦摩呂 ウガンダさんは「カレーは飲み物だ」っていう名言を遺されているんですね。それで我々「デブタレントチーム」は、命日にみんなで集まって、先輩を偲びながら献杯でカレーをグーッとやる。

テリー 一気に飲むと。

彦摩呂 そうなんです。毎年同じ居酒屋さんで開くんですけど、そこの女将さんも飲みやすいようにカレーを改良してくれて(笑)。御飯も入っていて、混ぜて飲むんです。

テリー ポタージュスープみたいなものだ。

彦摩呂 そういう楽しいデブ仲間がたくさんいますし、体形を気にしてなかったんです。ある程度太ってるほうが、食べ物もおいしく見えるかな、という言い訳もありつつ。

テリー そして気づいたら体重が3桁になったと。

彦摩呂 はい。そこで「彦摩呂の体がヤバい」「食べてる場合じゃない」という、皆様の声を知りまして。

テリー 視聴者に同情されちゃったと。

彦摩呂 グルメを楽しく伝えるのが僕の使命なのに、食べ物がおいしく見えないし、それどころか「心配や」ということになると、これはプロとしてアウトだと。それで痩せることを決意したんです。

テリー 「味どころじゃない」と言われたら、確かに致命的ですね。

彦摩呂 そうなんですよ。もう一度安心して見ていただけるように、ビジュアル改造しなきゃダメだなと思いましたね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
秋山翔吾が縁もゆかりもない広島カープ移籍を決断した「批判禁止」の掟
2
本田真凜は「5兄妹の次女」ファミリーでただ一人伏せられる「謎の姉」
3
ヤクルトに「優勝はやめて」懇願するフジテレビ中継の困惑と悲哀
4
Tシャツをズボンに入れると…永野芽郁の「バスト突出」「透け肌着」大サービスのロケ現場
5
「ちむどんどん」よりも人気…96年朝ドラ「ひまわり」再放送の松嶋菜々子がすごい!