社会

GWに役立つ…新宿・歌舞伎町「ぼったくり地図」を極秘公開!(2)キャッチにはついていかないように

20150430dd

 Aで起きた実例を青島氏に聞いた。

「1時間5000円という客引きの説明で入店したケースでは、1名に2時間で46万920円を請求。その男性は怖くて全額カードで支払ってしまったそうです。別の男性はセット料金3000円で案内されたが、女性が3回転して飲み物を合計15杯、勝手に注文。これにサービス料金が40%も付いて12万8600円になった。これ以外にも謎の罰金名目で加算請求されることもあったそうです」(青島氏)

 さらに衝撃的なことも判明した。Bは今年2月に検挙された店が入っていたビルだというが、前歴のある場所でもかまわず、ぼったくり営業が行われているのだ。

「このお店も被害報告が多い。最近では客引きから70分4000円の説明で、1時間弱滞在すると23万9400円の請求。手持ちの4万9000円を支払ったあと、念書を書かされ、その念書を持った顔写真を撮影され、身分証もコピーされたとか」(青島氏)

 ぼったくり店員の手口はおよそ決まっている。まず「5000円ポッキリ」などとささやき、客引きが案内する。会計時に店は客引きとは無関係とシラを切り、その値段のことは知らないと主張。「その客引きをここに連れて来い」と客に逆ギレすることさえある。そのうえで「料金はメニュー表に明記してあり、その値段をいくらにするかは店の自由」と明細を叩きながら被害者の心も“叩く”のだ。

「ぼったくりにあわないためには、とにかくキャッチ(客引き)についていって知らない店に行かないこと。これに尽きます。交番での水かけ論を極力防ぐためにも、入店後に怪しいと気づいたら、可能な範囲で店員との会話などを録音したり、動画撮影したりしましょう」(青島氏)

 歌舞伎町のいたるところに「客引きは100%ぼったくり」との警告看板があるが、気づかない人のほうが多い。この犯罪をなくすことができるのだろうか。

「私の最終目標は、ぼったくりがなくなるよう現在の条例および警察の対応を変えること。そのためにも被害事例をサイト上に積み重ねて、多くの人に実態を知ってもらいたい。交番での“民事不介入”対応が変わればいいんです。被害者が支払わずに済むようになれば、店は経営できなくなって消滅しますから。店員と思われる人間から嫌がらせの電話やメールもたまに来ますが、これを続けていけば、ぼったくりをなくすことは可能だと思っています」(青島氏)

 歌舞伎町には良心的な店も多い。わずかに存在する悪質店のせいで街には危険なイメージが。警察や行政は被害を減らすよう、対応するべきだろう。

※青島氏のサイト「新宿 弁護士青島克行の歌舞伎町ぼったくり被害相談室」では、ぼったくり店の実名と住所が掲載されている。

http://aoshima-katsuyuki-kabukichou.com/

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「絶対負けたくない」NHK上原光紀が“ライバル心をムキ出しにした”先輩アナ
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
ローラ、インスタ公開した“胸の渓谷ショット”がいろいろな意味で深すぎ!
4
唐橋ユミ、奇抜衣装も好感が持たれた“隠れEカップ”と癒やしキャラの健在!
5
槇原敬之、二度目の逮捕で「松本人志のコメント」が注目必至の深いワケ!