芸能

女子アナ18人の体を張った“大胆言動”を大量放出!(3)お固めNHKも逸材女子アナ続々

20150507_14gg

 4月からNHK「ニュースウオッチ9」のキャスターに抜擢された鈴木奈穂子アナ(33)。明るいキャラクターと美貌でお茶の間の人気を集める。局内では酒豪で知られ、仕事終わりに飲みに誘われることが多いと、NHK局員は言う。

「お酒が飲めれば店を選ばないので、安い居酒屋でも喜んでつきあってくれます。酔っ払うとだんだん股がゆるくなり、スカートがめくれてパンツが見えるので、極上の酒の“つまみ”になるのです」

 鈴木アナの後釜として報道番組「おはよう日本」を引き継いだ和久田麻由子アナ(26)は、4月8日に平均視聴率16.1%を叩き出すなど、スタートダッシュに成功した。丸山氏はこう分析する。

「凛とした立ち姿が美しいだけではなく、アナウンス力は高く、柔和で親しみやすい表情が好感を持たれているのでしょう。衣装はゆったりとしたシャツが多く、バストが目立たず、セクシーさはあまり望めません。それでも時折、彼女のジェスチャーが卑猥に見えるんです。料理を紹介した時には、作る様子をマネしようとして、右手を軽く握るように丸めて、上下に動かしたものだから‥‥」

 な、なんと、朝から手コキを連想させるとは! 高視聴率の秘密がここに隠されていたようだ。

 3月まで同番組に出演していた寺門亜衣子アナ(29)は、「エロ担当」として活躍していた。腰痛改善のトレーニングでは、テニスボールをお尻の下に置いて、あおむけに寝転がると、推定Cカップの形のいい美乳を浮き上がらせる。さらに大胆に股を開くと、

「あぁ‥‥、気持ちいい」

 と、こちらも朝から恍惚の表情を見せていた。また、別の日に体をほぐす運動を体験した時には、寝そべった状態で手足を思いっ切り伸ばすと、ホットパンツとタイツをはいているにもかかわらず、股間部分には、縦に深く怪しげな1本の線を走らせるのだった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、「美人になった!」称賛の一方で“意外に大きい”バストの評判
2
深田恭子、「UQ三姉妹」新CMで圧巻バストがさらに際立って見える理由!
3
タモリが語った「生活習慣の変化」と昔“バカにしていた”相手の実名!
4
肉体関係トークも原因?フジが「松本人志の元カノ・常盤貴子」をスルーしたワケ
5
藤田ニコル、「年会費180万円マー君クラブVIP」への本音発言が賛否真っ二つ