スポーツ

故三沢光晴メモリアルツアーで緊急来日した“スタン・ハンセン”を独占インタビュー!「アントニオ猪木の存在とは?」

20150625l

── ハンセンさんは日本人女性と結婚しているので、日本食を食べる機会も多いと思います。すでに公になっているので、ユミ夫人との馴れ初めをお聞きしてもいいですか?

ハンセン プライベートな話は苦手だが‥‥結婚したのは29年前だ。彼女の友達が私のファンだった。その友達が彼女を連れて私のサイン会に来た時に知り合ったんだ。それから結婚まで交際期間はけっこう長かった。

── ハンセンさんは有名なので、奥様のご両親も最初は驚いたでしょうね。

ハンセン 彼女の父親はすでに亡くなっていた。そして母親は最初の頃はきっとうれしくなかったと思う。でも、私が彼女を真剣に愛していることを理解してくれたことで、母親ともいい関係を築くことができた。そうなれるまで時間をかけてよかったと思っている。そろそろ、レスリングの話題に戻さないか?(苦笑)

── わかりました。ハンセンさんは77年から81年にかけて新日本のリングでアントニオ猪木と抗争を展開したことでトップ外国人になりましたが、猪木はどういう存在でしたか?

ハンセン 新日本のオフィスは私のオーソドックスではないファイト・スタイルを理解してくれて、いろいろな機会を与えてくれた。猪木はどんなスタイルの相手とでも闘えるレスラーだったからね。猪木との試合は決して簡単なものではなく、必死だったよ。猪木との闘いもそうだし、アンドレ・ザ・ジャイアントとの一戦(81年9月23日、田園コロシアム=アンドレの250キロの巨体をボディスラムで投げた伝説の試合)がポイントになったと思っている。当時の私はハングリーだった。アメリカではプロモーターが約束を守らないことも少なくなかったが、日本では契約どおりにファイトマネーを必ずもらえたから、日本でずっと活躍できるように努力したんだ。

── 猪木は新日本のトップレスラーであると同時に社長でもありましたが‥‥。

ハンセン 猪木はリングで闘うだけの相手。契約などのビジネスの話はオフィスの人間としていたから、当時は猪木と話をしたことは一度もなかった。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
2
横浜F・マリノス「ホーム試合開催」大ピンチがスポーツ界に拡大する「深刻大問題」
3
人気俳優Aに「年内結婚」「事務所独立」が急浮上
4
サッカー前園真聖の後輩選手がビクビク暴露「高校時代は怖すぎた」その理由を聞いて脱力
5
大谷翔平の主婦人気ガタ落ちは本当か!本塁打単独トップへの無関心に「理由は結婚じゃない」