スポーツ

サンスポ、水戸正晴の万券を生む血統論「ヌーヴォレコルトが牝馬勢一蹴!」

20150702zz

 今週は春GIシリーズのラストを飾る「宝塚記念」が阪神で行われる。注目は「平地同一GI3連覇」のかかるゴールドシップだが、万券王・水戸は速い時計決着での不安もあるとして、牝馬ヌーヴォレコルトに◎を打った。

 中央競馬前半戦の掉尾を飾る宝塚記念。関西版グランプリだが、今年もなかなかの顔ぶれがそろった。

 史上初の3連覇を狙うゴールドシップを筆頭にGI勝ち馬が6頭。それに準ずる馬もむろん多く、前半戦を締めくくるにふさわしい豪華版だ。

 当然のことゴールドシップの3連覇なるかが焦点だが、ヌーヴォレコルト、ラキシスら“女傑”と呼んでいい5頭の牝馬が名を連ねているのも話題となっている。裏返せば牡馬一線級が頼りにならないと言えるだろうか。

 昨年のダービー馬ワンアンドオンリーは、同じ馬主のキズナが体調を崩して自重したことから、言葉は悪いがいわば代役での出走、と見られている。本来なら渡英するプランだったからだ。今年はドバイ遠征に続く2戦目で3カ月ぶりの実戦。阪神コースがめっぽう得意なだけに断じて軽く見るわけにはいかないが、とにもかくにも体調が気になるところ。追い切りの動きを注視したい。

 同じ4歳牡馬のトーホウジャッカルも蹄の不安が長引き、菊花賞を勝って以来8カ月ぶり。どう見ても割り引きが必要だろう。

 牡馬では、あと昨年2着のカレンミロティック、前走の鳴尾記念快勝のラブリーデイで、この両馬は十分争覇圏内と言っていい。

 では最有力候補と見られるゴールドシップを、どう評価するべきか。これもなかなか難しい。実績を素直に見れば、一昨年も昨年も完勝しており、阪神もほぼパーフェクトの〈6 1 0 0〉なだけに本命視するのが筋だろう。が、そう簡単にいかないのが競馬だ。

 一昨年も昨年も休み明け3戦目で宝塚記念に臨んだが、今年は間隔を置いているものの、休み明け後5戦目でレースを迎える。すでにピークを過ぎた6歳。天皇賞・春のあとゲート再試験もあったりで、体調維持がこれまで以上に難しかったのではないだろうか。

 速い時計での決着になった場合の不安も拭いきれないこともあり、穴党としては、やはり本命視することはできない。

 牡馬勢に全幅の信頼が置けないのであれば、強気で出走してきた牝馬に目を向けたい。中でもより期待したいのは、ヌーヴォレコルトだ。

 絶対視された前走、ヴィクトリアマイルは6着と期待を裏切る結果に終わったが、関係者も分析しているように、本質的にマイル戦は短かったということだろう。桜花賞僅差2着の実績はあるが、年齢を重ねるとその馬の特徴、個性というものがより鮮明となるものだ。また前走に関しては、落ち着きを欠いていた。悪い馬場での中山記念を勝ったその反動、つまり“2走ボケ”があったのでは、と推測している(このことは、当欄でヴィクトリアマイルの際に指摘していた)。

 しかし、この中間は落ち着き払って好気配。稽古の動きも軽快かつリズミカル。まずは前走以上の仕上がり状態と言って間違いない。ならば好勝負必至だ。

 斎藤誠調教師も「この春の最大目標はここ。距離はベストだし、阪神も相性がいい」と、期待感たっぷりに話す。

 相手なりに走る勝負根性が持ち味で、これまで圧倒的に好成績を残す4歳馬。

道悪も不安なく、晴雨にかかわらず主力と見たい。

 他の牝馬では人気のラキシスよりディアデラマドレデニムアンドルビーを上位と見たい。ともに阪神は得意。状態もすこぶるいいからだ。“一発”は、トーセンスターダム。豪州遠征帰りだが、仕上がりは良好。トーセンジョーダン、カンパニー(ともに天皇賞・秋)が近親にいる良血。要注意だ。

◆アサヒ芸能6/23発売(7/2号)より

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊藤健太郎「ガールズバー泥酔大放言」を実況
2
和久田麻由子“独り生活”の淋しさが溢れ出る?ただ今フェロモン大放出中!
3
「Gバスト」森咲智美、激艶ソロキャンプ動画に「違うカップを想像」声とは?
4
「バス旅Z」最新回!?田中要次&羽田圭介“ロケ目撃情報”
5
“土手スジ”が映った!?阿部華也子、スキャンダル危機も放送事故でファン激増!