芸能

あの大物監督も魅了した、嵐・二宮和也の「ジジ殺し」な人心掌握術とは?

20150625nino

 嵐の二宮和也(32)が幽霊役で出演するファンタジー映画「母と暮せば」が、もっか撮影中だ。嵐随一の演技派と言われる二宮が初出演する山田洋次監督作品。吉永小百合と母子役を演じることもあり、注目度は高い。

 二宮はこれまで蜷川幸雄、倉本聰、クリント・イーストウッドら演劇界、ドラマ界、映画界の重鎮たちと仕事をしてきた。いずれも二宮の自然体の演技にほれ込んで抜擢された。おかげで出演作はいずれも評価が高く、その高い評価を聞きつけて次のオファーが舞い込んでくる繰り返しで、役者・二宮の評価も右肩上がりを遂げた。

 そんな二宮も、松竹の金看板・山田監督との仕事はかなり勝手が違うようだ。映画ライターが明かす。

「この映画は、山田監督の久々の脚本・監督作で12月12日公開のお正月映画。しかも、松竹創業120周年記念映画と銘打たれた大作映画です。金のかけ方が違う。二宮が『贅沢な現場』と舌を巻くほど金と手間をかけている。中でもいちばん驚いたのは撮影スピードで、初日は2カット、2日目は4カットで終了したという。別の日にも、名古屋ロケで撮影した翌日、長野入り。45分かけて扮装した後、15分で撮影完了、直帰した。これには二宮も口あんぐり。1日に何十シーンも撮る『テレビドラマのテンポに、もう戻れない』と自身のラジオ番組で嘆いてみせた」

 二宮はああ見えてかなりのこだわり派。台本をもらって一番最初に見るのはスタッフ欄で、まず最初にスタッフの名前を暗記してしまう。年上スタッフでもあえてタメ口で話しかけるなど垣根を作らない。休み時間には、手品やけん玉などの特技を披露して、現場を和ませるムードメーカーだが、天下の小百合様を「さゆゆ」と呼ぶなど、まるでタブーがない。

「二宮は初対面の人にも、馴れ馴れしくてずうずうしく接するのですが、その距離感の取り方が絶妙で、人心掌握術に長けている。絶対に台詞の変更を認めない倉本の脚本を唯一変えられる役者で、“人たらし”だの、“ジジ殺し”だの呼ばれるまでになった。山田監督も二宮の魅力にすっかり骨抜き状態。暇さえあれば、監督の方から熱心に話しかけている」(映画誌記者)

 山田監督をもいとも簡単に魅了してしまう二宮、なるほどジジ殺しと呼ばれるわけだ。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚
2
土田晃之、「バイキング」の進行を止めてまで固執した“大失笑”発言とは?
3
稲村亜美がガニ股で躍動!ゴルフ動画の“下半身パックリ見え”にファン「感激」
4
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
5
「パラサイト」地上波放送、夫婦の「胸の突起コリコリ」シーンにお茶の間が激怒!