スポーツ

かつてない“超大混セ”のベンチ裏騒乱「阪神・和田監督の采配は新聞に左右されすぎ?」

20150709g

 西に目を向けると、リーグ戦再開2日前の6月18日、甲子園での練習後のグラウンドで阪神・マートン(33)が突然、オマリー打撃コーチ補佐を相手に、怒濤のごとくしゃべり始めた。そこに和田豊監督(52)が近づいていく──。球団関係者がその時の状況を説明する。

「マートンは基本的に寂しがりや。自分の練習が終わったら誰かに話を聞いてほしいんですよ。まぁ聞いてくれ、と2時間弱、グラウンドで一方的にしゃべり続けていました。地面にホームベースを書いて『そこの球は‥‥』と言いながらインコースをバットスイングしてみたり。打球が正面を突くとかストライクゾーンがどうとかも。マートンは今季、ストライクゾーンが広がったことに非常に敏感に反応し、ナーバスになっていて、それが打率が上がらない原因だとも。自分はこう考えているんだ、ということを話したいんです。和田監督はそれをじっと聞いて、ひと言『頑張れ』と‥‥」

 甲子園では今、ファンの見学ツアーを実施しており、「ここでヒーローインタビューをします」などと舞台裏を公開、解説している。

「この日、三塁側ベンチを公開したら、たまたまマートンが激論を繰り広げていてツアー客はもの珍しそうに、独演会の様子をバシバシ写真撮影していました(笑)」(阪神担当記者)

 思わぬファンサービスにはなったようである。

 一方で問題視されているのが、和田監督の「新聞采配」だという。

「スポーツ紙全紙に目を通し、各評論家のコラムを非常に気にしています。例えば、ある特定の評論家の意見を終始一貫参考にするのならわかりますが、その時その時で、どの評論家の意見を取り入れるかが違う。ある評論家に厳しく書かれると、試合で同じ場面になったら、次は厳しく書かれないような采配をする、という感じです」(在阪スポーツメディア関係者)

 打率、得点、失点、本塁打、盗塁、防御率の全てがリーグ最下位の数字なのに、6月25日にはなんと首位に立った。大混セならではのもつれ具合でボロが目立たずに済んでいるのかも。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大橋未歩の“バックは必要”発言!/フリー女子アナ「スキャンダル黒歴史」(終)
2
吉岡里帆 ドラマ「レンアイ漫画家」で“27秒42回”バスト揺れも大爆死の舞台裏
3
吉岡里帆、「強引に脱がされバストを責められる」衝撃シーンが大反響!
4
マギーが「ピラティス写真」公開!「まるでアンダーウエア」な服装に騒然
5
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声