芸能

松坂慶子 主演映画&歌手復帰は夫のあるひと言がきっかけ?

20150730g

 音楽業界では、復活ブームが相次いでいる。あの松坂慶子(62)も、渡哲也とのデュエット以来27年ぶりに新曲「哀愁の札幌」をリリースした。今秋には注目の主演映画も公開予定だが、意外な復活劇の裏には、あの「格差婚」と報じられた夫で、ミュージシャンの高内春彦氏(60)の存在が見え隠れしていたのだ。

 スポーツ紙デスクが話す。

「今回のデュエットのお相手は作曲家の浜圭介氏(69)で、作曲家生活50周年を記念して、『大人の恋をドラマチックに表現できるのは、松坂さんしかいない』と、口説いたといいます。7月2日の公開レコーディングでは、松坂がボディタッチを見舞うなど上機嫌でした。久しぶりの歌手活動にテンションは上がっています。過去に、大河ドラマ8本に出演したNHKへの貢献度もあって、紅白歌合戦の特別枠参加の可能性まで取りざたされています」

 歌手・松坂といえば、79年のヒットナンバー「愛の水中花」。ドラマの挿入歌として注目を集め、妖艶な黒のレオタード姿が話題を呼んだが、その後の実績はいまひとつだ。正直、“なぜ今?”という疑問は残る。

「松坂はここ数年、仕事をセーブして、毎月1度はハワイで美術を学んでいる長女(22)と次女(20)に会いに行っていました。太りやすい体質だけに、その間、すっかりおばさん体形になって、二の腕なんてぷよんぷよん。ダイエットを兼ねてフラダンスに夢中になりましたが、効果はないようでしたね(笑)」(女性誌記者)

 まるで肝っ玉かあさんのように変貌した松坂を見かねて、本格的な女優復帰を後押ししていたのが、なんと夫・高内氏のこんな言葉だったという。芸能レポーターが明かす。

「高内氏といえば、90年の結婚当時、松坂の父親から『ヒモ亭主』と、さんざん罵声を浴びせられたものでしたが、その父親が07年に亡くなると、実家との関係も修復。ギターや作曲の講師を務めながら、松坂の仕事をプロデューサー的な役割でバックアップしてきました。そして次女が20歳を迎えた昨年に、『そろそろ仕事をしたら』と、本格的な復帰を促したそうです。日に日に主婦化していた松坂でしたが、亭主関白な夫の言葉に背中を押された」

 松坂が夫の助言を受け入れた背景には、長年の懸案事項だったダイエットに成功したことも大きいという。スポーツ紙カメラマンが話す。

「昨年の後半、今秋に公開予定の、日本とベトナムの初の合作映画『ベトナムの風に吹かれて』(アルゴ・ピクチャーズ)のロケでベトナムに長期滞在しました。そして現地で20キロほどの減量に成功したんです。ベトナム料理がヘルシーだったうえ、6年ぶりの主演映画というプレッシャーや現地生活にもストレスを感じなかったようで、かなりスレンダーに戻りましたよ。今年1月の主演朗読劇の制作発表会見では、口も滑らかで、次女の成人式の話を披露したり、『14歳から女優の仕事を始めて自分中心で生きてきたので、家族に合わせるのって疲れますね』なんて、冗談まで飛び出すほどでした」

 映画公開に合わせて、フォー・セインツwith松坂慶子として、書き下ろし主題歌「たまには仲間で」を歌うことも発表された。

 現在、視聴率で苦戦するNHK大河ドラマ「花燃ゆ」にも、長州藩主・毛利敬親の正室、都美姫(とみひめ)役で出演中。さらには新たな大胆写真集の出版説まで聞こえ始めている。

 還暦を過ぎた松坂慶子が再ブレイクする日は近そうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”