芸能

次はS?H?…乃木坂46・齋藤飛鳥の“移籍先”候補は?

20150805nogizaka

 乃木坂46のメンバーが“移籍”を余儀なくされそうだ。そのメンバーとは、間もなく17歳の誕生日(8月10日)を迎える齋藤飛鳥。1期生の最年少メンバーとして知られ、最新シングル「太陽ノック」で自身初となる2作連続での選抜入りを果たすなど、将来性豊かな逸材である。

 その齋藤が専属モデルを務める女性ファッション誌「CUTiE」(宝島社)が、8月発売の9月号をもって休刊することが決定。今年2月に専属モデル契約を結んだばかりだったが、在籍半年にして“他誌への移籍”を検討することになったのである。

 2009年12月に休刊した「PINKY」(集英社)では、「non-no」や「MORE」など同じ集英社の雑誌に移行したモデルが多かった。なかには似たような年齢層をターゲットにする雑誌を求めて、講談社など他社の雑誌に移籍したモデルもいたとか。

 休刊に伴って方向性を変えた例もある。「BLENDA」(角川春樹事務所)の専属モデルだった小泉梓は2014年8月の休刊後、青年マンガ誌で水着グラビアを発表。さらに初写真集もリリースするなど、活躍の場を広げている。

 これらの例を踏まえて齋藤飛鳥の今後を予想すると、まず可能性が高そうなのは、宝島社の雑誌に横滑りで移籍することだろう。齋藤の年齢を考えると、候補となるのは「SPRiNG」か「mini」があげられる。次に、他の乃木坂メンバーが活躍する雑誌への移籍もありえるかもしれない。

 現時点での専属モデルは白石麻衣が「Ray」(主婦の友社)、西野七瀬が「non-no」(集英社)、橋本奈々未と松村沙友理は「CanCam」(小学館)と多岐にわたっている。このほかにも講談社や光文社、ぶんか社や日之出出版など、女性誌を抱える出版社は多い。齋藤が次の場で活躍する姿を見るのも遠い日ではなさそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
2
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
3
「青春18きっぷ」夏季用がようやく発売でも消えない「冬季販売中止」の不穏な背景
4
「山口組のキッシンジャー」が体現した哲学! ヤクザの「平和共存」は方便などではなかった
5
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」